YouTube動画の詳細設定画面には、

年齢制限」の項目が存在します。

 

032

 

その下のチェックボックスには、

年齢制限を有効にする」しかありませんが、

これを有効にすると何が起こるのでしょう?

 

まず、イメージすることは動画を試聴する際に、

「18歳以上ですか?」的な選択肢が登場するように

なるのではないかと推測するでしょう。

 

それは半分正解ですが、良くあるクリックして認証するだけの様な

簡単なものではありません。

もちろん、予め警告が出てそれを認証した上で試聴するのですが、

視聴者がYouTubeにログインした状態で、

アカウントの年齢設定が18歳以上になっている必要があります。

 

もし、YouTubeにログインしてない場合は、

ログインする様な指示が出ますし、ログインしてい18歳以下の

設定になっている場合はこの動画は見られないという表示が出ます。

 

基本的には以下に当てはまる(YouTubeヘルプより引用)

コンテンツを含むYouTube動画で設定されるべき機能です。

・下品で乱暴な言葉遣い

・暴力的でショッキングな映像

・ヌードおよび性的なものを暗示するコンテンツ

・危険な行為や不正な行為が含まれた描画

 

これらの制限は、YouTube運営側が設定する事もありますが、

投稿者側で設定する事もできます。

 

投稿時に設定しておけば、

暴力的な映像などを含まれるYouTube動画を

18歳未満の視聴者に見られる事を防げます。

ただ、そもそもYouTube上で性的なコンテンツを含む動画などを

アップロードするのは規約違反にあたりますので、

動画に年齢制限を付ければ良いということではありません。

 

始めからそう言ったYouTube動画をアップロードするのは

避けた方が良いでしょう。

 

さらに、YouTubeの広告収入によって生計を立てている

YouTuberにとって致命的なのが、年齢制限の付いている

コンテンツでは広告が表示されないということです。

 

YouTubeとしては、暴力的なコンテンツなどで

収益を上げるようなスタイルは望ましくないと

考えているようですので、

YouTubeの投稿者にもそう言ったコンテンツは可能な限り

アップロードしないように推奨しています。

 

一旦年齢制限の設定された動画でも、投稿者が設定を解除すれば、

全年齢対象で表示されるようになりますが、

年齢制限がかけられている状態の動画がYouTube運営側に

年齢制限が必要だと判断されて改めて制限がかかった場合、

投稿者が年齢制限を解除しても年齢制限は掛かったままになります。

 

解除しても制限が掛かったままでも慌てないでください。

 

どちらにせよ、ビジネス向け動画に年齢制限は禁物です。

万が一、ポリシー違反と判断されれば

動画をアップロードできなくなりますので、気をつけましょう。