YouTubeの動画設定を10回に渡って詳しく説明していきましたが、

今回で最後の一つを説明していきたいと思います。

 

040

 

動画の統計情報」という項目にある、

動画統計情報を一般公開するかの選択肢になります。

 

統計情報ってなんのことかと思うかもしれませんが、

単に、YouTube上で確認出来る

以下の様な視聴回数や共有回数の統計情報のことです。

 

039

 

存在すら知らなかった人が多いかもしれません。

これを有効化していると、

誰もがこの動画の統計情報を確認することが出来るのです。

 

これは、YouTube動画の追加・共有・その他の内、

「その他」をクリックすると選択出来るもので、

無効化されている場合は表示されません。

 

投稿者が有効化していない限り、

ユーザーが見ることが出来るのは、視聴回数の合計ぐらいでしょう。

 

YouTubeのデフォルト設定が有効になっているので、

有効になったままの方が多い項目ではありますが、

確認してみると、結構無効化している人も多いのが分かります。

 

これを有効化していると、

視聴者はそのYouTube動画の視聴回数の推移や、

登録チャンネルの紹介数、共有回数などを確認する事ができるので、

その動画がどういう経緯で人気になっていったのかが

分かるようになっています。

 

この情報を公開することで再生数が増えたり、

ビジネスや収益に繋がったりすることも無い一方で、

ごく一部のユーザーの滞在時間を伸ばすと言う効果もあります。

 

ただ、これを最も使うのは、同じYouTubeの投稿者です。

 

動画の視聴回数増加の経緯を見ることで、

その動画やチャンネルの戦略やチャンネルの強さが分かるように

なっています。

 

例えば、

公開直後の再生数が低くて急に伸びた様な動画は、

共有などをきっかけに話題になっていることが多く、

「動画の質」自体が高いということが分かります。

 

一方で、最初から再生数が伸びて、

後のほうで尻すぼみになっているような場合は、

チャンネル登録者や初回の共有時に沢山再生されたということで、

「チャンネルの質」が高いか、「時事ネタ」であることが分かります。

 

基本的に、統計情報を公開することは、

他のYouTube動画の投稿者に対するメリットであり、

特段、公開した投稿者のメリットになるということはないのです。

かといって、

投稿者にこれといったデメリットがあるわけでもありません。

 

強いて言えば、ライバルが増えるということなのですが、

他のYouTuberをライバルと考えて敵対するよりも、

コラボなどの相乗効果で高め合っていくほうがメリットは高く

人気のあるYouTuberであるほど、

公開しながら後進の育成に繋げていくことが多いようですね。