YouTubeには、

どんな動画でもアップロード出来るわけではありません。

YouTubeには、YouTubeの規約に沿ったコンテンツだけが、

ネット上に掲載されて公開されます。

 

特に、広告収入や有料コンテンツの対象となる動画の規制は厳しく、

著作権違反などに対してはかなり厳しい対応が取られます。

 

改めて言うほどのことではありませんが、

市場に出回っている映像作品や音楽作品の大半が、

誰かしらが著作権を有しているコンテンツであり、

第三者が勝手に使うことの出来ないコンテンツになります。

 

一方、日本の法律では法に則って適切に引用されている限り、

第三者が自身のコンテンツの中に著作権保護されたコンテンツを

「引用」することは出来るとされています。

 

文章などの引用は容易ですが、

音楽や映像は、ほんの一部分を引用したつもりでも

盗用と判断されてしまうことも多く、線引きが曖昧です。

 

YouTubeには、このような著作権違反のコンテンツはもちろん、

性的なコンテンツや暴力的なコンテンツも載せることが出来ません。

 

規約については、別の記事で細かくご説明していきますが、

今回は収益を確実に上げるために、

どんなコンテンツならYouTubeの収益対象になるかをご説明します。

 

全てを自分で作った場合

例えば、映像も台詞も音楽も自分で考えた様な動画であれば、

何の問題も無く収益対象のコンテンツになります。

スマホのカメラで自分を取りながら適当に喋っただけでも

十分この定義を満たします。

 

フリー素材を使った動画

著作権保護されたコンテンツであっても、

無料・無断で使用しても良いと著作権者が明示していれば、

第三者が自由に使える事になります。

こう言ったコンテンツで作られた動画も収益を得る対象に

なりますが、場合によってはYouTube側から

本当に無料で使えるコンテンツかどうかの照会を受ける場合が

ありますので、どこでそのコンテンツを入手したか

分かるようにしておきましょう。

 

コンテンツの使用許諾を得ている場合

これも上記のフリー素材に近いのですが、

基本的には有料で自由に使えるものではなくても、

投稿者が個人的に許可を得るか、適切な料金を払っている場合は、

著作権保護されているコンテンツを利用することが出来ます。

この場合、高い確率で権利について確認されますので、

予めYouTube側に文書を提出するか、

動画の説明文などに許諾を得ていると一言添えておきましょう。

どちらにしても、

証明出来る文書・メール・リンクなどは保存しておきたいですね。

 

大雑把な説明にはなりますが、

上記の3つがよく使われるケースです。

 

自分で作れるならそれに越したことはないですが、

全世界に公開するものなので、他人が作った物を動画内に使う時は、

慎重にその権利などを確認するようにしておきましょう。