YouTubeが提供する有料コンテンツの中でも、

有料チャンネルは動画投稿者にとっては特別魅力的なものです。

 

毎月YouTubeのチャンネルから定期的に収入を得られることは、

変動する広告料に比べると非常に堅実ですし、

動画を作る上でも、不特定多数に向けたヒット動画作りよりも、

視聴者を絞ってピンポイントにターゲット決めた動画づくりが

中心になるので、YouTube動画も作りやすくなるでしょう。

 

有料コンテンツには、

チャンネル登録者数が1000人以上のチャンネルを持っている

必要がありますが、それさえクリアしていれば、

他の条件はそれほど難しいものではありません。

 

では、

どうやったら有料チャンネルを作ることが出来るのでしょうか?

 

まず、YouTubeアカウントで「有料コンテンツを有効化

する必要があります。一応、チャンネル登録者数以外にも

有効化するための条件もありますが、

アカウントの健全性やAdsenseのリンクなどですので、

既に広告収入を得ている人であれば、基本条件はクリアしています。

 

これができていない場合、

YouTubeで有料チャンネルも有料動画も作成できません。

 

有料コンテンツを有効化すると、

YouTube上の「クリエイターツール」の「チャンネル」欄に

有料チャンネル登録」ページが出現しますので、

これをクリックします。

 

その中に、

新しいチャンネルを作成」や「このチャンネルを有料にする

がありますので、

目的に応じて有料チャンネルを作成すると良いでしょう。

 

気をつけるべきことは、

既存のチャンネルを有料にする場合、

無料の時に登録していたユーザーは全て登録が解除されます。

 

つまり、折角登録してもらったユーザーを全て失うということです。

 

これはかなりの賭けになります。

上手くいけば、有料でも見たいと思ってくれたユーザーが

登録してくれて定期収入がYouTubeで得られるようになりますが、

下手をすれば、今までチャンネル経由で見てもらっていた

YouTube動画を見てもらえなくなり、収益が落ちてしまいます。

 

基本的にはYouTubeの有料チャンネルを新しく作り、

それを既存の無料チャンネルを通じて宣伝していくような

形が望ましいでしょう。

 

また、有料チャンネルは14日間の無料期間が存在しますので、

その無料期間を効果的に活用して、

視聴者に登録を促すようにすると良いでしょう。

 

YouTubeにおける有料チャンネルの活用方法は

色々考えられますが、有料チャンネルへの登録は、

視聴者にとってもかなりハードルが高いものです。

 

それをよく理解して、

チャンネルのトップページや無料チャンネルを通じて

有料チャンネルが

どういうチャンネルなのか理解してもらえるようにしましょう。