Youtubeには有料チャンネルの機能が搭載されていますが、

登録者は毎月一定額のチャンネル登録料を投稿者に支払うことが

出来るようになっています。

 

これが仮に、月額500円だとして、

1000人の登録者を確保できれば、月50万の収入になります。

この収入はYouTubeの広告料収入とは違い、

チャンネル登録者が減らない限りは収入が減りません

 

また、金額が少額であれば気にするユーザーも少ないため、

コンテンツの更新が多少疎かになっても収入をキープ出来ます。

 

しかし、それは容易な道ではありません。

 

YouTubeの広告収入に関しては、

視聴者は何の金銭的負担も感じずに動画を見られるようになるため、

何の気兼ねなく動画を見ていきますので、

少しでも面白ければ再生数が増えて収益につながります。

 

チャンネル登録も無料であり、視聴者には大した害もないので、

YouTubeの動画を見て少しでも面白そうだと思ったら、

ブラウザのお気に入り登録のような感覚でどんどん登録します。

 

そんな中、チャンネル登録が無料だと言われたら、

視聴者はどう感じるでしょうか?

 

正直、かなりの抵抗感があるはずです。

 

無料チャンネルで万単位の登録者がいたとしても、

有料チャンネルに移ってくれる人は本当に少数です。

仮に、無料チェンネルを有料チャンネルに切り替えたとしても、

有料チャンネル移行者は1%大きく下回る事を覚悟しましょう。

 

有料チャンネルを成功させるために必要なことは、

当たり前ですが「お金を出す価値のあるコンテンツ」を

YouTubeの視聴者に提供することです。

 

また、視聴者の層にあった価格設定も大切です。

 

支払いはクレジットカードなどを通じて行われるため、

小中学生が主要なYouTubeチャンネルの視聴者である場合は、

100円だったとしても有料チャンネルは厳しいです。

 

一方で、視聴者が30代や40代の大人が大半である場合、

980円前後の設定でも、十分勝算はあるはずです。

 

問題のYouTubeコンテンツですが、

無料チャンネルでは質より量で通じた動画投稿も、

有料チャンネルでは質の高いものを求められます。

 

また、毎回必ず見たくなるようなコンテンツが望ましいでしょう。

視聴者はYouTubeを通じてお金を払っている以上、

「見ないともったいない」と言う心理が働き、

無料チャンネルよりも、登録者の視聴確率は極めて高いです。

 

そのため、見て面白かったと思えなければチャンネルは続きません。

もしくは、お金を払った分の情報が得られたと感じられるような

チャンネルでも長続きするはずです。

 

そんな有料チャンネルの動画作りについては、

次の回でご説明していきます。