YouTubeのチャンネルが大きくなって、

有料コンテンツの提供準備が整ったものの、

どんなコンテンツを提供したら良いのか分からない

ということは良くある話です。

 

YouTubeの有料チャンネルの活用法には様々なものがありますが、

やはりそれは現行の無料チャンネルの視聴者に

しっかりと合わせたコンテンツである必要があります。

 

現在無料チャンネルで投稿している動画のコンテンツに

強い自信があるのなら、

有料チャンネルでも同じようにやれば良いでしょう。

同じような動画を上げる有料チャンネルを作り、

時折無料チャンネルで宣伝をしながら、

この人がアップロードした別の動画も見てみたいと思わせます。

それだけで、YouTubeの有料チャンネルは成功するでしょう。

 

一方で、今まで通りの動画では有料チャンネルに入ってくれない

と言う場合は一工夫必要になってきます。

どんなチャンネルであっても、

再生リストを使ってシリーズ別にYouTubeの動画投稿を

まとめているはずなので、人気シリーズをシーズン分けして、

「次のシーズンは有料」として

有料チャンネルで提供するというのも良いかもしれませんね。

 

大切なのは、

有料チャンネルと無料チャンネルをきちんと差別化することです。

 

お金を払ってまでチャンネルを見たいと言うユーザーは、

かなりのコアユーザーであり、

チャンネル運営者としてはお得意様になります。

 

敢えてユーザーを絞りこむ目的で有料チャンネルを作り、

ライブコンテンツなどで視聴者とコンタクトを取りながら、

YouTubeのチャンネルづくりを進めて行くのも良いですし、

敢えて私的な動画やラジオなどの手の混んでいない動画を

有料チャンネルで上げるというのも一つの手です。

 

極端な話、凄くシンプルで簡単に作れる動画であっても、

無料チャンネルを使って一定の人気を獲得していて

投稿者が「俳優」や「アイドル」として通用するような

チャンネルになっている場合、少しプライベートな動画を

有料チャンネルで見てみたいと言う人は必ずいます。

 

有料動画でこの手は通用しませんが、

有料チャンネルでは、

実は「普段は上げない様な動画を上げてみる

と言うだけのチャンネルでも、一定の登録者はついてきます。

 

YouTube動画にはセミナー系の教育動画も沢山上がっていますが、

有料チャンネルとかなり相性がよいでしょう。

 

無料チャンネルで当たり障りのないセミナー動画を作り、

これから本題に入るということろで、

有料チャンネルに誘導すれば、多少高くても有料チャンネルに

移ってくれる事とでしょう。

 

つまり、有料チャンネルで手に入る情報が、

YouTubeで支払う金額に見合っていれば良いのです。

ただし、その場合に気をつけるべきなのは無料期間です。

 

無料期間に一気に見られてしまう可能性もあるので、

期間毎にYouTube動画を非公開にして、

公開タイミングをずらしながら有料チャンネルを運営したいですね。