YouTubeには

有料動画と言うコンテンツが作れるようになっています。

 

これは、レンタルや購入によって動画を「販売」する形式の

YouTubeコンテンツで、投稿者が自由に設定することが出来ます。

 

有料コンテンツを利用できるユーザーはチャンネル登録者が

1000人以上いるチャンネルに限られていますが、

それさえクリアすれば、他の条件はそれほど難しくはありません。

 

しかし、問題はどうやったら有料動画で稼げるのかということ。

 

映画やドラマを本格的に作っているプロの製作者でもなければ、

YouTubeで「お金を払ってでも見たい」と思えるような

オリジナルコンテンツを作るのは難しいように思えます。

 

例えば、考えられる有料動画のパターンとして、

・プロの制作チームが趣味で作成した短編映画を配信。

・映画やドラマの版権者が有料オンデマンド動画サイトと

 同じような感覚でYouTubeの有料動画を配信。

・プロ顔負けの自主制作のアニメやCGドラマを

 一定期間の無料配信後に有料配信化。

 

などなど、

「特定のスキル」が必要な高品質な映像コンテンツであれば、

有料動画として配信するのはかなりの強みを持つでしょう。

 

単価も3日間のレンタル数百円から、数千円で購入まで、

従来のYouTubeに縛られない、

非常に多くのアプローチ方法が考えられます。

 

ある程度の勝算があれば、大金を掛けて会社を作り、

プロを雇って映画レベルのコンテンツを作るというのも

ありますが、採算がとれるかどうかかなり怪しい部分もあり、

YouTubeに十分なチャンネル登録者がいて、無料コンテンツも

充実していないと難しいでしょう。

 

また、有料オンデマンドサイトなどでは、

映画やドラマ、アニメが数百円で配信されていることもあり、

自主制作のコンテンツを有料動画として提供するには、

かなりのクオリティが無いと、プロによる作品と比較されてしまい、

視聴者をがっかりさせてしまう可能性もあります。

 

そのため、YouTubeの有料動画を映像作品制作のプロでもない

投稿者が効果的に活用して収益に繋げるには、

情報商材として動画を販売すると言う形式が考えられます。

 

つまり、「5分で女を落とすテクニック」とか、

「一ヶ月で100万円稼ぐ方法」などの情報商材を

YouTube動画として提供するということになります。

 

こう言った方法は、知識があれば誰にでも作成できるコンテンツで、

自分のブログやウェブサイト、無料動画を使って宣伝できるので、

有料動画へ誘導するためのアプローチも沢山あります。

 

昔ながらの方法ではありますが、

YouTubeの有料動画の使い方としては、一番簡単な稼ぎ方ですね。