YouTubeには視聴者ファンディングと言う機能が存在しています。

 

041

 

これはYouTube上で視聴者に寄付を募る機能なのですが、

有料コンテンツとは違い、収益を受け取れる状態であれば、

誰にでも利用可能という点です。

 

有効化するのは簡単で、YouTubeのクリエイターツールの

チャンネル欄にある「ステータスと機能項目」で

「視聴者ファンディング」と言う機能を有効化した後に、

コミュニティ欄の視聴者ファンディングオプションを設定します。

 

この機能は事業者向け、つまり何らかの活動をしている組織を

YouTubeを通して支援する名目で寄付をする形になるので、

会社名や組織名を求められます。

 

有料コンテンツの有効化時にも同様のことを求められますが、

対価としてコンテンツを提供する場合とは違って、

寄付の場合には対価を求めずにお金を渡すということになるので、

どこの誰にお金を渡したのかというのを

明確にしておく必要があるのです。

 

YouTubeの視聴者が必要とした場合には、

投稿者の個人情報(会社情報)が提供されることもあります。

 

そのため、個人の小遣い稼ぎの様な感覚で

YouTubeの広告収入を利用し、ついでに寄付も募ろうと言う感覚で

この機能を利用すると少し尻込みしてしまう事になるでしょう。

 

この機能を利用する上で、

個人事業主としてYouTube使った事業を行っているか、

もしくは純粋にエンターテイメントを提供する目的で

YouTubeを使っていて支援を求めているかは問われません。

 

しかし、視聴者ファンディングと言う機能の利用は、

クラウドファンディングのような「投資」ではなく、

YouTubeに動画を投稿する行為に対する支援に限定されています。

 

YouTubeで動画を作るには、

多かれ少なかれお金がかかるものですし、

質の良い動画を作ろうとすれば、より多くのお金がかかります。

 

広告収入だけで十分ならばよいのですが、

そうでない場合には、支援を求めるというのも良いでしょう。

 

また、YouTubeを見ている視聴者が少額でも良いので

支援のためにお金を出してくれると言うのはモチベーションを

向上させると言う意味でも、かなりの影響力があるでしょう。

 

コメントで「面白かった」と言ってくれたり、

高評価で視聴者からレスポンスを貰うのも良いのですが、

やはりお金を出すと言うのは非常にハードルが高いものです。

 

そのハードルを超えて、

「良い動画をたくさん作って下さい」と言う言葉と共に

支援のお金をもらえたなら、それが100円でも1000円でも、

YouTubeのクリエイターにとっては何よりも大きな力になります。

 

どれほどの視聴者がクリエイターに期待していくれているのかを

推し量ると言う意味でも、使ってみたい機能ではありますね。