YouTubeには有料コンテンツや視聴者ファンディングといった

オプション機能が提供されており、

広告収入以外にも様々な方法で収益を上げることが出来ます。

 

ただ、広告収入も有料コンテンツも視聴者ファンディングも、

全てYouTubeの管理の元に提供されており、

価格にも限度がありますし、YouTubeの胸先三寸で簡単に

価格が変えられてしまう欠点があります。

 

もちろん、YouTubeの動画自体も規約を順守していなければ

ならないため、YouTubeを使う時点である程度の制限が

加わるのは仕方のないことなのかもしれません。

 

しかし、あくまでYouTubeの動画を補助的なコンテンツとして

位置づけているのであれば、他の方法で収益を得ることも出来ます。

 

それは、メルマガや情報商材の一部に

YouTubeのコンテンツを使っていくことです。

 

メルマガは定期的に読者のためになる情報を盛り込んだメールを

配信するコンテンツで、無料のものと有料のものがあります。

情報商材は、言ってみればネットで変える「本」のようなもので、

本の中に含まれる情報を売り物にします。

 

メルマガは定期収入になりますし、自身が提供している

ユーザーのメールアドレスを入手できるのが強みです。

それを通じて別のビジネスに繋げる事もできるでしょう。

 

情報商材は単価を上げて少数のユーザーに購入してもらう

戦略をとれるのが特徴で、ターゲットを狭く絞りこむことで、

誰にでも出来るコンテンツを作れるのが強みです。

 

YouTubeの活用法としてあげるには些かトリッキーですが、

既にブログやメルマガでの収入を考えているのであれば、

そこにYouTubeを補助的に使ってみるものアリでしょう。

 

つまり、メルマガや情報商材を通じてお得な情報を届ける中で、

YouTubeの動画を使ってその情報の分かりやすい解説などを

行っていくのです。

 

YouTubeの動画リンクだけに値段を付けて販売した場合は、

YouTubeの規約に抵触しますし、

それなら有料動画の機能をつかうだけで大丈夫です。

 

しかし、あくまで「一ヶ月で100万円稼ぐ方法」を

説明する上で補足的にYouTubeを使うだけであれば、

商材自体が有料であっても問題はありません。

 

商品についているマニュアルにYouTube動画を使うようなもので、

メインの売り物はあくまで「情報」であり、

YouTube動画がメインの売り物でない限り

YouTubeの規約違反にはなりません。

 

とにかく、YouTubeが提供する有料コンテンツビジネスを

妨害するような活用をしないということを意識しておきましょう。

 

それさえ理解していれば、

様々な経済活動にYouTubeを活用できます。

YouTubeの中だけで収益を完結させるのではなく、

YouTubeの外に目を向けても良いのかもしれませんね。