YouTubeをビジネスに活用していく上で最も怖いのが、

動画やアカウントをYouTube運営側によって削除される事です。

 

いきなり何の連絡も無く削除されることはありませんが、

規約に違反すると動画が削除されたりアカウントが削除されたり

する可能性が高くなり、

半年に3回違反するとアカウントが停止されてしまい、

全ての動画が削除されます。

 

一発でアカウント停止にならないのは幸いですが、

こうなってしまうと、YouTube上で活動することが不可能になり、

ビジネスに活用することなど到底できなくなってしまいます。

 

一回目は仕方ないとして、

二回目の違反でも改めないのはかなり危険なユーザーといえます。

仏の顔も三度までということですね。

 

ただし、

YouTuberの様に広告収入を中心に収益を得ているような場合、

一回違反しただけでもかなり手痛い措置が取られます。

 

それは、アカウントが良好な状態でなくなることによる、

広告収入の停止」です。

 

つまり、アカウントが生きていて、

動画をアップロードできる状態だったとしても、

収入が0になってしまうのです。

 

これはYouTuberにとっては死活問題で、

すぐさま対処しなくてはなりません。

 

異議申立てをするか、問題の改善を図るか、

半年待つかの選択肢がありますが、

どれも即効性の低い対処法です。

 

一番の対策は、「規約違反をしないこと」であり、

YouTubeの規約をよく理解することが大切です。

 

規約違反に関しては、

大きく分けて「ガイドライン違反」と「著作権違反」が存在します。

 

厳密には、著作権違反はガイドライン違反ですので、

別物ではありませんが、説明していく上で、

著作権違反についての項目は非常にややこしいので、

ここでは別物として扱わせて頂きます。

 

というのも、「著作権違反」は「犯罪」行為ですが、

それ以外のガイドライン違反の多くが、

直接的な犯罪行為ではないケースが殆どだからです。

 

ガイドラインというのは、

YouTubeの運営側がYouTubeのサービスを提供する上で、

独自に定めたガイドラインであり、

国の法律などで定められているものではありません。

 

もちろん、違法な行為を受け付けるわけはないので、

ガイドラインによって違法行為も禁止されています。

 

ただ、ユーザーにとって、違法行為は違法行為だと理解できても、

違法ではないガイドライン違反はYouTubeが独自に定めている

ルールに則っているものですので、

予め理解していなければ分かりません。

 

中には、「えっ? これもダメなの?」

と思ってしまうようなガイドライン違反もあるはずです。

 

規約編では、

そう言ったYouTubeと言うサービスを利用していく上で、

気をつけなければならない事についてご説明していきます。