他人の著作物を利用してYouTubeに無断で

動画をアップロードする行為は犯罪ですが、

意図せずしてやってしまうこともあります。

 

しかし、意図していたとしていなかったとしても、

YouTubeからは同じ処罰が下され、動画が削除されてしまいます

 

では、どうやって避ければ良いのでしょう?

 

まず理解すべきことは、

他人の「」を使ってはいけないのかということでしょう。

 

気をつけたいのが以下の8つ。

 

  • 映像作品
  • 楽曲
  • 名称
  • 写真
  • ライブ
  • 動画
  • ロゴ
  • ソフトウェア

 

1.映像作品

言うまでもありませんが、ドラマや映画、

アニメなどの映像作品の一部流用などは当然著作権違反です。

古い作品出ない限り、まず使えないと思って下さい。

稀に二次使用が許可されているものもありますが、

YouTube側のアルゴリズムでチェックできるシステムなので、

よく確認した上で利用しましょう。

 

2.楽曲

映像よりも気をつけたいのが楽曲です。

違反者多数でグレーが多すぎるポイントではありますが、

無料で使える楽曲もかなり多く、

YouTubeだけでは判断できないようです。

しかし、楽曲の場合は

著作権保護団体の代理機関などが定期的に巡回していますので、

代理で違反申請を上げられることも多いです。

十分に注意して、楽曲を使うようにしましょう。

 

3.名称

意外にやりがちなのが名称です。

商標登録された名称や他人の作品で使われている名称を

そのまま使うのも場合によっては著作権違反です。

ただ、YouTube動画ですので、

他人の動画タイトルの丸パクリとかでなければ大丈夫でしょう。

 

4.写真

写真だって使えません。

スライドショーなどを作るときにやりがちですが、

ネット上で使えそうな写真を検索してきて、

動画の中に埋め込んでも、写真をネット上にアップロードした

本人が二次使用を許可していないと著作権違反となります。

今のところYouTube側のアルゴリズムでチェックすることは

難しいようですので、こういうケースで違反申請をYouTubeに

上げられるケースは少ないです。

しかし、アップロードした日付などの記録が残りやすいので、

著作権の所有者の証明が簡単ということもあり、その気になれば

すぐに違反申請を出せるようになっています。

また、著作権違反の審査アルゴリズムも進化していますので、

ネット上に上がっているコンテンツを流用する場合には、

許諾などをしっかり調べてから行うようにしましょう。

 

以上、チェックするべきポイントの前半4種類になります。

 

「映像作品」「楽曲」「名称」「写真」などは言われなくても

著作権違反であると分かりそうなものなので、

YouTubeに動画をアップロードしているユーザーなら

皆さん気をつけているはずですが、

 

残りの4つはどうでしょうか?

YouTube動画を投稿する上で、

著作権違反には細心の注意を払わなければなりません。

 

前半で取り上げた、「映像作品」「楽曲」「名称」「写真」については、

言われるまでもないことかとは思いますが、

後半の「ライブ」「動画」「ロゴ」「ソフトウェア」では、

意外なコンテンツが著作権違反になることが分かります。

 

5.ライブ

ライブと言えば、所謂ミュージシャンやアイドルのライブ映像です。

その他にも、

お金を払って特定の人だけがその場で見られる」ような

ライブについては、これに当てはまります。

「自分で撮った映像であれば著作権違反にならない」

と勘違いしている人もいるかもしれませんが、

撮影したものが著作権保護の対象になれば、著作権違反です。

ライブが著作権違反に当たるという違和感があるかもしれませんが、

公共の場で誰にでも見られるようなイベントならともかく、

それを見るためにお金を払う人がいるようなコンテンツを

YouTube上で公開したら問題になることはぐらいは分かるでしょう。

ライブ主催者側が著作権違反だと訴えれば、

承認される可能性は高いです。

 

6.動画

動画と言うのは、

YouTubeを含めた動画サイトにアップロードされている動画です。

ネット上で公開されているのだから、

誰のものでも無いというわけではありません。

むしろ、ネット上で公開されているのだから、

きちんと公開されている場所で閲覧して下さいというのが、

本来の考え方です。

多くの動画サイトにおいて、動画はアップロードした投稿者に

著作権が認められると明記されています。

安易に使用するのは著作権違反にあたりますが、

YouTubeの場合はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを

付与して動画をアップロードすることもできるので、

そう言った二次使用が許可されているコンテンツに関しては、

許可された範囲で使うことが出来ます。

 

7.ロゴ

意外にやりがちなのがロゴの無断使用です。

ロゴの中には商標登録されておらず、

自由に使えるものもあるのですが、

商標登録されているような著名なロゴは、勝手に使うと

著作権違反に該当することがあります。

ロゴについては、YouTube側のアルゴリズムでわざわざ判断する

ようなことはないですし、動画内でよほど悪質な使い方を

していない限り著作権違反の申し立てがなされることはありません。

しかし、ロゴというのも勝手に使ってはいけないものであることを

よく覚えておきましょう。

 

8.ソフトウェア

ソフトウェアを動画で公開することは出来ませんが、

動画は何らかのソフトウェアを使って作成することが多いです。

無料ソフトの中には、作成物の使用を「個人利用に限る」と

明記しているものもあり、

そう言ったもので動画をアップロードして、広告収入などを

受け取ってしまうと、著作権違反になります。

実際にそのソフトを使って制作されたかの判断が難しい

ということもあり、適用されるケースは稀だとは思いますが、

著作権違反に該当することもありますので、気をつけましょう。