YouTubeに限ったことではありませんが、著作権保護されていて、

二次使用を許可されていないコンテンツを利用できるケース

というのが実は存在しています。

 

基本的には、YouTube動画での使われ方が「引用」に該当すると

判断できる場合なのですが、どういうケースであれば

引用がはっきりと認められるのでしょうか?

 

日本の著作権法における、

「著作権の制限」に細かく規定されていますが、

YouTubeに動画をあげる場合、以下に該当すれば、

コンテンツの盗用ではなく引用として扱われる事になります。

 

動画の目的が「報道」「批評」「研究」に当てはまる場合。

もしくは、雑誌・新聞などの論説の引用。

 

これだけでも、なんとなくどういうことなのか分かると思いますが、

詳しく説明していきます。

 

例えば、

「ある映画が賞を取った」ケースを考えてみます。

放映中の映画の映像は手に入りませんが、

BDやDVDになっている場合は映像が手に入ります。

 

映画の内容は完全に著作権保護されているコンテンツですが、

賞を取ったと言う事実を伝えたい場合は、

どんな映画が賞を取ったのか分かるように、

映画のワンシーンをピックアップして動画に入れるくらいは

「報道のための引用」であると主張できます。

しかし、確信に迫るシーンなどを使った場合はそれとは別に、

問題になる可能性が高いので避けましょう。

 

賞を取った映画の何が素晴らしいのかを解説する目的で、

内容についての批評を行ったり、

俳優の演技や撮影方法について研究したりするために、

映画のワンシーンをYouTube動画に利用する場合も、

「批評・研究のための引用」ということが出来ます。

 

また、時折ニュースで新聞記事を取り上げて報道することが

ありますが、同じことがYouTube動画で出来るのです。

 

大前提として、著作権コンテンツを動画で引用する場合、

映像の端などに、映画のタイトルや著作権保有者の名前など

必要な情報をしっかりと入れた上でコンテンツを挿入します。

 

引用と明らかに認められるケースは比較的狭いですが、

きちんと出典を明記して、上記の項目に該当する限り、

YouTubeの動画にコンテンツを挿入することができます。

 

映画が賞を取ったと言っても、

何の映画か写真や映像が無いと分かりません。・

 

また、映画が音響効果の賞を取ったと言っても、

どの部分の音響が凄かったのか分かりません。

映画のワンシーンを抜粋し、解説を加えながら動画で説明しないと

分からないこともあるはずです。

 

著作権保護されているからといって、

それが全くYouTube動画などに使えなければ、価値のある情報を

ネットで提供できる機会が永久に失われることもあるでしょう。

 

YouTubeはエンターテイメントのためにあるだけではなく、

表現の場としても活用できる重要なツールです。

 

著作権は尊重しなければ行けませんが、

著作物に関して伝えたいことがあるのであれば、

適切な範囲で引用してみるというのも一つの手です。