YouTubeで数百単位の動画を上げいくと、

稀に著作権侵害の申し立てを受けることがあります。

 

しかし多くの場合、いきなり動画削除となることはありません。

動画が削除されるのは、

権利者が法的な申し立てをYouTubeに出した」場合だけです。

 

動画削除は最も重い罰則で、軽い罰則や制限であれば、

大抵は一部の国における動画のブロックや収益停止となるだけです。

 

実は、こう言った著作権侵害の関係の申し立ての多くが、

YouTube側の審査アルゴリズムによって提出されています。

 

アルゴリズムと言うのは、該当するYouTube動画が、

ContentIDユーザーのコンテンツと一致するかどうか

をチェックしています。

 

全てのYouTube動画とコンテンツの比較をしているわけでは

ありません。

YouTubeはContentIDユーザーのコンテンツに関してだけ、

動画の内容比較を行っています

 

ContentIDのユーザーは、自身が独自のコンテンツを作っており、

コンテンツに対して独占的な権利を有しています。

つまり、YouTubeがそのユーザーのコンテンツには

間違いなく著作権があると認めているということになります。

 

多くのYouTubeユーザーがフリーコンテンツなどを駆使して、

動画を制作し、動画のコンテンツには著作権が発生しないことが

殆どですが、ContentIDのユーザーは全く別であるということです。

 

要は、

YouTubeによって選ばれたユーザーが

映画やドラマの動画をYouTubeで有料放送しており、

他の投稿者がそのコンテンツを含む動画をアップロードした場合、

著作権侵害の申し立てが成立します。

 

有料コンテンツである必要はありませんが、

有料コンテンツの投稿者の場合、ContentIDユーザーである可能性は

高いでしょう。

 

ただし、これはYouTubeのアルゴリズムによる検出機能であり、

ContentIDのユーザーが「著作権侵害である」と言う申し立てを

しない限り、動画が削除されるということはまずありません。

 

自動的な処理で動画がブロックされたり、広告収入が停止されたり、

広告収入の権利が著作権者に移譲されたりするのです。

 

つまり、YouTube側のアルゴリズムで検出されただけであれば、

まだ重たい罰則が課せられることはないということです。

 

しかし、著作権保有者がきちんとした書類とともに、

YouTubeに著作権侵害の申し立てを出して、

YouTube側がそれを確認して受理すると、

何の前置きもなしに、突然動画が削除され、

「著作権侵害があったから動画を削除した。

次にこんなことがただじゃ置かない」

と言うような、半ば脅迫じみた連絡が来るのです。

 

実際にはもっと丁寧な文章のようですが、

内容的には次に警告受けたら更に罰則が重くなるぞ、

というようなことが書かれています。

貰いたくないですね。