YouTubeでは、ヌードや性的な内容を含む動画を

アップロードすることは出来ません

 

ところが、YouTubeには少しセクシーな動画などが

多数アップロードされています。

水着ならまだしも、場合によってはトップレスで

際どい映像を含む動画が残っていることもあるのです。

 

単にまだYouTubeの運営側に気づかれていないだけということも

あるのでしょうが、実はYouTubeのガイドラインには、

肌を露出する映像の全てが禁止であるとは記載されていません。

 

肌などを露出していたとしても、そのYouTube動画が

医療・教育・芸術目的で作成されている場合、

年齢制限を設けさえすればガイドライン違反とはなりません

 

年齢制限を設けていたとしても、

アダルト動画のワンシーンなどを切り抜いて動画にしたら

完全にガイドライン違反となりますし、

普通のホームビデオであってもヌードを含む映像が入っていれば、

それもガイドライン違反となります。

 

また、アニメや漫画の様な二次元のコンテンツであっても、

映像や内容が性的なコンテンツといえるものであれば、

これもガイドライン違反です。

 

ただし、年齢制限の掛かった動画では広告収入などは

得られませんので、YouTubeの広告収入で生計を立てようと

考えている人は控えた方が良いでしょう。

 

では、

どういった動画であれば年齢制限を掛けずに済むのでしょう?

 

YouTube全体のガイドラインに照らしあわせて考えるなら、

ゴールデンタイムにお茶の間で放送できる内容かどうか

と言う基準で考えると分かりやすいです。

 

YouTubeの動画では年齢制限が掛かっているだけで、

視聴者だけではなく、機能的にも制限が掛かりますし、

何よりも年齢制限のかかるような動画は、

ガイドライン的にはグレーゾーンです。

 

一歩間違えればガイドライン違反でペナルティがかかるでしょう。

性的なコンテンツとみなされて違反判定を受けた場合、

他の違反項目とは違って、露出などで明確な基準があるので、

意義を申し立てても覆ることは難しいです。

 

基本的には年齢制限のかかるような動画を

投稿するべきではありません

 

しかし、年齢制限がかからなくても少しセクシーな動画を

投稿する事はできますし、結構人気があるジャンルでもあります。

 

水着姿の女性が海で水を掛け合うとか、

女子高生が制服姿で音楽に合わせて踊るくらいなら、

年齢制限を掛けずに公開できるので、一考の余地はあるでしょう。

 

ただし、水着でもベッドに座ってセクシーポーズを取っていたり、

制服姿でもローアングルでパンチラが何度も出てくるような

動画の場合、ガイドライン違反とまで行きませんが、

年齢制限の対象となります。

 

YouTube側の基準で決まるので、

線引きが難しいラインではありますが、

年齢制限を掛けられるだけで済めば問題はないので、

チャレンジする価値はあるかもしれませんね。