YouTubeでは、有害で危険なコンテンツというのも禁止されています。

つまり、人に悪影響を与えるようなコンテンツを

YouTubeにアップロードしてはいけないということです。

 

言葉で説明するのは簡単ですが、どのようなYouTube動画が

有害で危険なコンテンツといえるのでしょうか?

 

例えば、わかりやすのが「拷問の方法」の様な動画です。

人にどうやって苦痛を与えるかを詳細に説明するような

動画は明確に人に悪影響を与えるよう動画と言えます。

 

また、YouTubeは全世界に公開されるコンテンツであり、

犯罪の方法に関する説明なども許容されません。

犯罪を助長する様な動画も言語道断ですし、

示唆するようなものも許されません。

 

もし、動画として公開するのであれば、

犯罪に対する対処法を動画の目的として制作し、

YouTubeに公開することが求められます。

 

YouTuberなどがやりがちですが、

犯罪行為でなくても、その行為自体が危険である場合も

年齢制限や削除の対象となります。

 

例えば、ナイフを指の隙間に素早く突き立てるゲームであったり、

高層ビルから身を乗り出してぶら下がるような遊びを

YouTubeの動画に投稿すると規制の対象となるでしょう。

 

首を締めて失神させる遊びなどをアップロードして削除されて

いますが、子供が真似したら危なような行為を映像化するな

ということですね。

 

しかし、そう言った動画の全てが制限されるわけでもありません。

 

危険な行為に関する注意喚起や危険性を示すために

YouTube動画を作成すると言うケースも大いに考えられます。

 

仮に、注意喚起などが目的で動画を作成する場合、

コンテンツの中に注意点などを盛り込み、危険な行為に対する

監修や対策などもしっかり取られた上で

そのYouTube動画が撮影されているということを示しましょう。

 

それがない状態で危険な行為を再現して撮影するのは、

撮影自体が危険ですし、「簡単に出来る」と思われてしまうと

YouTubeの視聴者に危険な行為を誘発させる可能性があります。

 

さらに、テロリストや犯罪組織への勧誘や

暴動などに誘うようなYouTube動画も許可されません。

 

実際に危険な行為が写っていなくても、

危険な行為の方法について触れられていなくても、

YouTube動画の中で、何らかの危険行為や犯罪行為を促すような

言葉や文字があるだけで削除の対象となります。

 

YouTubeは老若男女多くの人が見るウェブサイトであり、

運営側も健全なサイト運営を鉄則としています。

 

それを使うユーザーもまた、健全な使い方をしなければ、

すぐにYouTubeのアカウントを停止されてしまうことでしょう。