YouTubeのガイドラインには様々な規定が存在しますが、

その多くが公序良俗に則っていれば、違反しないような項目です。

 

特に、「子供が見るかもしれない」ということを意識していれば、

そうそうガイドライン違反で警告を受けることも無いでしょう。

 

しかし、動画の内容的には何の問題が無かったとしても、

YouTube動画に付属するデータやちょっとした誤解で、

動画が「スパム」「詐欺行為」を行っているコンテンツとして

削除されてしまうことがあります。

 

まず、コメントに自分の動画やサイトへのリンクを入れて、

複数箇所に投稿することはスパム行為とみなされます。

動画内容に関係あるコメントだったとしても、

他のYouTubeユーザーに特定の行動を誘発させるような

行為は慎みましょう。

 

動画に無関係なコメントを連投したり、特定の投稿者に対して、

大量にコメントを投稿するような行為も

嫌がらせ、スパムとして警告を受ける可能性があります。

 

また、ツールを使って動画を大量再生したり、

「いいね」の数を操作することもスパム・欺瞞行為と判断されて、

警告を受ける対象になります。

 

それ以外にも自動化ツールの使用自体が制限されることもあり、

ツールを活用して、YouTubeで自動的に何かをするような

行為に関しては出来る限り注意して行うようにしましょう。

 

ツールやコメントにいくら注意していても、

以外にやってしまうのがメタデータによるスパム行為です。

 

メタデータと言うのは、動画のタイトルやタグ、サムネ、説明、

など検索エンジンが動画の情報について理解するためのデータです。

 

メタデータは「動画に関連あるものでなければなりません」。

 

「もしかしたらこれも関係あるかも?」

「少しだけ動画に移ってたし、このタグも・・・」

なんて無作為にYouTubeタグを付けてみたり

YouTube動画の説明欄に断片的な単語を大量に記入することは、

メタデータによるスパム行為とみなされます。

 

こう言った動画に関係性の低いメタデータを大量に

動画内に配置することは

YouTubeの動画検索の信頼性を損なわせる恐れがあります。

 

大リーグのイチローに関する動画を検索したのに、

全く関係のないスポーツや単に名前が一郎と言うだけの人物が

検索結果に出てきたら、

次もYouTubeで動画を探そうという気分になりません。

 

確かに動画の説明やタグに多くの情報を入れておけば、

検索に引っかかりやすくはなりますが、

YouTubeの視聴者が見たい動画と

かけ離れた引っかかり方をするのはよくありまえん。

 

「沢山あれば検索に引っかかる」ではなくて、

この動画に興味がある人だけに見てもらえるように

メタデータを入れるようにしましょう。