YouTubeにかぎらず、スポーツ関係のコンテンツと言うのは、

どのメディアでも人気があります。

 

野球・サッカー・マラソン・フィギュアスケート

シーズン毎に話題が代わり、人々を飽きさせることがありません。

 

そして、スポーツと言うのは総じて見て楽しむ競技であり、

YouTubeとの親和性は極めて高いといえるでしょう。

 

また、自分でスタジアムなどに赴き撮影した場合を除き、

スポーツ映像の放送を勝手にYouTube動画に上げる

権利はありませんが、スポーツ情報に関しては時事性もあり、

きちんと出典を明記していれば、動画の内容にもよりますが、

「報道」と言う目的での映像の「引用」が成立しやすいです。

 

YouTubeで一つの放送を丸々流すのではなく、

素晴らしいシーンのダイジェストや注目のシーンなどを

一部取り上げる分には大きな問題にはならないでしょう。

 

とは言え、地上波・ケーブル・ストリーミング配信に関わらず、

基本的にはその放送には権利者がいます。

その権利者に削除して欲しいと要求されたら即座に削除しましょう。

 

また、万が一YouTubeよりガイドライン違反を疑われた場合、

きちんと報道目的であり、引用の要件を満たしている事を示し、

削除には応じるが、違反のペナルティを受け内容に対処してください。

 

とは言え、試合を丸々YouTubeにアップロードするなどの悪質な

動画出ない限り、ダイジェスト形式の動画であれば、

そうそう権利者が訴えられる事もありませんし、

訴えがあっても異議を申し立てられるはずです。

 

さて、規約的な点はともかく、

スポーツの放送を引用しやすいスポーツ動画は

作りやすいコンテンツの一つです。

 

野球でもサッカーでも素晴らしいシーンがあれば、

放送終了後に動画化して、YouTubeにアップロードすれば、

アクセスを集めやすいでしょう。

 

野球であればチームごとに毎日アップロードし、

大きなイベントがあればイベント毎にチャンネルや

YouTubeの再生リストを作り、視聴者に訴求しやすい形を作れます。

 

また、シーズンが終われば今までの動画を再編集して、

名シーン集やシーズンのダイジェスト動画などを作れますね。

 

スポーツ毎に動画を作っても良いのですが、

この手のスポーツチャンネルの難しさは、

どの試合やイベントで、抜き出すに相応しい映像が撮れるか

分からないという点にあります。

 

視聴者には多くの場合、贔屓のチームなどがあり、

基本的にはそのチームの情報を必要としているものです。

そのため、ある程度チーム毎や選手毎に動画を絞込み、

注目するべき試合や録画する動画の本数を絞り込んでいかないと、

作業量が再生数につながりにくくなってしまいます。

 

どちらにせよ、スポーツ好きなら名シーンを探して、

YouTubeにアップロードするのも苦痛にならないでしょう。

スポーツが好きな投稿者の方は、スポーツチャンネルというのも

考えて見てはいかがですか?