YouTubeには時々テレビ番組を取り上げたようなコンテンツが

投稿されていますが、こういうのはアリなのでしょうか?

 

はっきり言ってしまえば、ナシです。

権利者が訴えを起こしたら、

削除されてYouTubeよりペナルティを受けてしまうでしょう。

 

これは、著作権違反が「親告罪」であることを利用した、

グレー(限りなくアウトに近い)YouTubeコンテンツです。

 

親告罪というのは、被害者が訴えを出さない限り

犯罪行為としては認定されない犯罪であり、

被害者側が気にしない場合は犯罪として成立しない行為です。

 

権利者が二次使用を気にしないのであれば、

本来なら「自由に使ってください」と言ってくれるのを待ち、

使うべきなのですが、実際のところそこまで気を使ってくれる

権利者はいませんし、使う側も言われたら消そうぐらいのつもりで

動画をYouTubeにアップロードしています。

 

テレビ番組でもきちんと引用の要件を満たしていれば、

使えるのではないかと思うかもしれませんが、

「引用」と言うのは、その映像の目的とは違う目的「報道など」に

使うために、第三者の映像を使わせてもらうものです。

 

ニュース番組の一部を取り上げて、このニュースが凄い。

みんな聞いてくれ!と言う目的で引用するのはアリですし、

討論番組でこの人の発言が酷い!と言う形で、

抜粋してYouTubeの動画を作るのも構いません。

 

しかし、バラエティ番組を普通にバラエティ番組として、

YouTube動画にして公開したら、いくら出典が明記されていても、

引用とは言えませんし、医療番組の放送を抜粋して医療番組として

YouTube動画にしてもそれは引用ではないでしょう。

 

明確に、報道や教育などの目的を明示できる内容でなければ、

テレビ番組の映像をYouTube動画に使うことは出来ません。

 

ところが、そうでない動画もたくさんあり、

権利者も見逃しているようなコンテンツはたくさんあります。

 

また、引用の要件を満たしていると思っても、

権利者が気にして申し立てをすれば、YouTube側が

ガイドライン違反と判断するかも知れません。

 

もし、テレビ番組をYouTubeコンテンツに使うなら、

引用であっても、出来る限り「古い映像」を使い、

DVDやBDなどの「映像コンテンツ化のされていない」番組を

選ぶようにしましょう。

 

要は、「映像を使われても権利者が損しない」ということが

大切なのです。

 

逆に、「この番組が面白い」と言う形で、

権利者側の利益繋がる形でYouTube動画を作れば、

見逃してくれる可能性も高くなるでしょう。

 

あまり褒められた手法ではありませんが、

テレビ番組は映像コンテンツとして既に完成されているので、

そのまま使いやすいコンテンツです。

 

正しい使い方や迷惑にならない使い方であれば、

YouTube動画のコンテンツとして使っても良いのではないでしょうか?