YouTubeには、映像コンテンツでありながら、

文字や写真を中心とするスライドショー的コンテンツ

数多く存在し、一定の人気を誇っています。

 

これらのコンテンツは、写真や文字をスライドショー形式で

流すだけで作れるので簡単に作成できる上、

著作権違反などのYouTubeガイドライン違反の心配も少ない、

健全で初心者向けのコンテンツと言えるでしょう。

 

しかし、どうしても文字が多くなってしまう上、

視聴者の興味を引けるようなネタがなければ作れないというのも

YouTube動画として扱う欠点の一つです。

 

ただ、短期間で沢山の動画を作ることができるため、

複数のチャンネルで複数の再生リスト作りながら、

毎日沢山の動画を投稿していくことで、

着実に収益を増やしていける初心者YouTuberには

ピッタリのコンテンツでもあるでしょう。

 

雑学系ではどんなコンテンツでも扱えるには扱えますが、

やはり人気ジャンルと言うと限られてきます。

 

人気のジャンルは、お金やファッション、男女関係、スポーツです。

お金にまつわる雑学や、モテる男やモテる女、少しエッチ

情報を提供してくれるコンテンツは高い需要があり、

別のウェブサイトの情報を使いまわしているだけでも、

一定のアクセスが集まってしまうほどです。

 

とは言え、文章や情報を題材にするコンテンツであれば、

YouTube以外にも様々なメディアがあり、

他のコンテンツに比べると圧倒的なアクセスは期待できませんし、

チャンネル登録者数の数が大きく増えたりはしません。

 

そこで、雑学系のYouTubeチャンネルを単独で活用するのではなく、

自身が持つ別のスポーツや実験型チャンネルなどを駆使して、

雑学以外にもきちんとした映像型のチャンネルを持つことで、

相乗効果でYouTubeのアクセスを増やしていく手法が有効でしょう。

 

つまり、スポーツの名シーンを視聴しているユーザーを

スポーツの雑学ちゃんねるに誘導して、アクセスを集め、

その逆に雑学を調べにきたユーザーを名シーンのYouTube動画に

誘導していくのです。

 

やはりYouTubeと言うのは映像向けのウェブサイトですので、

文章や写真型のコンテンツだけでずっと収益を上げ続けるのは

難しいものがあります。

 

文字コンテンツ的な側面もある事を活かし、

本命の映像コンテンツへ繋げていくというやり方で、

チャンネル登録者を増やしていき、YouTubeの各チャンネルを

盛り上げていく手法が賢いやり方と言えるでしょう。

 

何はともあれ、

情報のまとめ系コンテンツをスライドショーで作るのは、

初心者にとっては、YouTuberの第一歩かも知れませんね。