グーグルアドセンスで稼ぐには、独自ドメインが必要ということを

お話しました。

では、今度は、レンタルサーバーをどうすればいいのかということについて、

お話します。

とりあえず無料ブログで始めるつもり、、という方は、

ここには該当しませんが、

知識として読んでおいても損はないと思います。

また、サーバーを借りることのメリットが分かれば、

考えも変わるかもしれません。

 

ウェブサイトを一から作ろうとすると、実はとっても大変なのです。

データセンター、ネットワーク、マシン、OS、サーバー、ミドルウェア、、、、

訳分かりませんよね。

よっぽど詳しくなければ、自分で作るのは無理です。

なので私たちは、パソコンとインターネット環境を整えて、

すでに作ってもらっているサーバーを借りて、

サイトを作るのです。

一昔前までは、専門用語がわからないと全く使えなかったのも、

いろんなソフトが出来たりして、初心者でも比較的簡単に

作れるようになりました。

 

レンタルサーバーには、3種類あります。

●共用サーバー

●VPSサーバー

●専用サーバー

です。

利用料金は、上から順に高くなっていきます。

 

詳しく見て行きましょう。

●共用サーバー

一つのサーバーを多くの人とシェアして使います。

メリットとしては、利用料金がお手頃。初心者でも簡単に扱える。

デメリットは、色々と規約があるため、設定などカスタマイズの自由度が低い。

容量を他の人とシェアしているので、負荷がかかるようなプログラムは出来ない。

同じサーバー内でアクセスが集中しすぎると、スピードが落ちたり、シャットダウンして

しまうこともある。

 

●VPS(仮想専用)サーバー

共用サーバーと専用サーバーの真ん中で、両方の素質を

持っている。

ほぼ専用サーバーと同等のことが出来る、共用サーバー。

メリットは、専用サーバーより手頃な料金で、

専用サーバーと同じことが出来る。

デメリットは、自由度が増えるが、

管理など自分で行わないといけないため、知識を要する。

 

●専用サーバー

一つのサーバーを、一人で使える。

メリットは、どんなに負荷のかかるプログラムでも、

心配なく実行できる。

大容量のデータベースを利用できる。

規約に邪魔されることなく、自由に設定をカスタマイズできる。

デメリットは、利用料金が高い。

管理に専門的な知識が必要になる。

 

イメージとしては、共用サーバーは、

管理人付きのマンションで、難しいこと、面倒なことは、

管理人がしてくれるけれども、秩序を守るために、

ルールが強いられる。

自分の部屋だけ、好きに騒いだり、好きにリフォームしたりすることは

難しい。

各部屋の人が100人ずつ同時に連れてこようものなら、

入り口がパンクしてしまうので、入るのに時間がかかってしまったりします。

その点、専用サーバーは、一軒家みたいなもので、

騒ごうが(ご近所の概念は省きます)、改造しようが、

自分の勝手ということになります。

その代わり、自分で自分の面倒を見なければなりません。

 

両方のいいところを合わせたようなものが、

VPSサーバーです。

今後、アクセスが多くなったときのことも考えると、

共用サーバーではさばききれないので、

本気でやろうと思っている方は、

初めからVPSサーバーを選んでおいてもいいでしょう。