クレジットカードやネットショッピングモールのポイントも Amazon輸出ビジネスで効率よくお金を稼いでいきたいなら、 決して疎かにはできないものです。 輸出ビジネスを始めたころは、月に10万円しか仕入れないかもしれません。 でも、この仕入れ額の5%にポイントが付くなら、 月に5,000円、年間で6万円の利益になります。 1個の商品が売れて、純粋な利益が100円計上されるとするならば、 600個の商品が売れることと、ポイントを貯めることが同じなのです。 「たかがポイント」ではなく、「ポイント=利益」と考え、 賢く利益を得て行きましょう。

ネットショッピングモールのポイント

「楽天市場」や「ヤフーショッピング」などは、 それぞれ独自のポイントや、他店舗との共通ポイントを用意しています。 仕入れ先がこれらの巨大ショッピングモールにある場合は、 なるべく同じモール内で仕入れを行うように選択して、 効率よくポイントを集めて行くことができます。

エントリーで増えるポイント

「楽天市場」や「ヤフーショッピング」などでは、 頻繁にポイントキャンペーンを実施しています。 ですが、大抵のキャンペーンはエントリーしなければ適用されません。 ショッピングモールのトップページには 「エントリーできるポイントキャンペーン」がまとめられていますので、 必ず確認してから、購入ボタンを押すようにしましょう。

クレジットカードのポイント

仕入れる時に利用するクレジットカードのポイントも、 ネットショッピングモールのポイントよりは付与率が低いですが、 しっかりためておきましょう。 支払いの際に用いるクレジットカードを統一しておくならば、 ポイントが効率よく貯まるだけでなく、資金の動きも把握しやすくなります。 VISAやMaster系のクレジットカードなら、 ほとんどのネットショッピングモールで使用できますので、 カードを統一することも可能になります。

経由すると増えるポイント

多くのクレジットカードで運営しているのが 「経由するだけでポイントが数倍になるサイト」です。 例えばセゾン系のカードの「永久不滅ドットコム」や、 JACCSの「JACCSモール」などでは、 このサイトで一度ログインしてから、 「ラフ―ショッピング」や「楽天市場」でショッピングをするならば、 クレジットカードのポイントが2から15倍に増え、 かつ、ネットショッピングモールのポイントも付与されます。 数秒の手間でポイントが飛躍的に増えますので、 購入ボタンをクリックする前に、必ず経由するようにしましょう。

マイル系ポイント

ANAやJALなどが発行しているクレジットカードも ポイントが貯めやすいカードが多いです。 これらの航空会社系のカードはポイントがマイルで付与され、 蓄積マイルごとに、航空券がもらえたり、 席種をアップグレードしてもらえたりします。 航空会社系のカードで貯まるマイルは、 他のポイントなどと交換可能な事が多いので、 ポイントをマイルに変更して、さらに効率よく貯められます。

ポイントの利用方法

大抵のクレジットカード系のポイントは、 ポイント数ごとに商品や金券などと交換できます。 平均して1ポイント5円程度に変換されています。 ポイントを貯める期限がないことも多いですので、 大型の商品を獲得するまで、時間をかけて貯めることも可能です。 ネットショッピングモール系のポイントは、1ポイント=1円として、 次回のショッピングから利用できることも多いです。 ショッピングによるポイントについては 有効期限がないことが多いのですが、 キャンペーンにエントリーして増えた分のポイントは、 「期間限定ポイント」として1カ月から数カ月間で使用しないと、 消滅してしまうことも多いです。 クレジットカード系のポイントのようにたくさんためて 何かの商品や金券と交換するのではありませんので、 ポイントが付与された分は、 次回のショッピングで全て使用することにするならば、 「期間限定ポイント」を消費できなかったなどの事態を防げます。 航空会社系のポイントは、マイルとして利用できます。 国内便もしくは国際便のチケットや 席種のアップグレードに利用できます。 マイルを貯める期限などが定められていることが多いので、 有効期限内にポイントを消費するようにしましょう。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ