Amazon輸入ビジネスは、本質的にはどのようなビジネスなのでしょうか?

世界中のAmazonに登録されている商品が対象ですから、その数は膨大です。 商品選びはワクワクする作業ですが、 どれを売って利益を得ようかと考える前に、 Amazon輸入ビジネスとは何を目的としたビジネスなのかを理解しておきましょう。

単に商品を売って利益を得るだけではない?

Amazon輸入ビジネスは「せどり」のようなものなので、 日本での流通価格との「差」が大きい商品を探し出し、 その差益で儲けるというのは間違いではありません。 単純に考えても、 国内の流通価格が、2万円のものがAmazonアメリカでは1万円だった、 という場合には大きな利益を得ることができますよね。 ですが、そもそもなぜその商品が 国内で「2万円」という価格がついているのかを考えてみましょう。

輸入品の国内価格が高い理由

その商品がアメリカで製造されているとします。 その商品を日本で売るためには、そもそも日本まで運んでこなくてはなりません。 運ぶためには、船と飛行機の手段がありますが、 クリスマスなどのシーズンを選ぶものならスピード感も必要になりますから、 そのときは、当然飛行機を使わなければなりません。 また、同様の商品が国内で生産されている場合には、 日本国内の商品を保護するために関税がかけられていることもあります。 場合によっては、厳格な検査を受けなければなりません。 検査費用は、仕入れ者の負担です。 無事に税関を通過しても、今度は国内での配送料がかかります。 このようにして、アメリカ国内で1万円だったものは、 さまざまな付加価値が重なることによって、価格が上がっていくわけです。

あなたのその「手間」、いくらですか?

さて、そうしてさまざまな手続きを通過し、 多くのサービスを経て市場に出てきた商品。 いくらで売ればよいでしょう。 もちろん、それだけの「手間」がかかっているわけですから、 当然、それに見合うだけの料金をもらわなければ割に合わない、 ボランティアじゃないんだから……ということになりますよね。 Amazon輸入ビジネスも同じです。 多くの人は、安いことはわかっていてもAmazonアメリカで買い物はしません。 同じものが国内Amazonにあるなら、それを購入します。 わざわざ「手間」と「ヒマ」をかけてまで、 Amazonアメリカから購入する気はないからです。 ですから、多少高くてもそれは「輸入品だから」という理由で納得してくれるわけですね。 つまりあなたがamazon輸入ビジネスにおいて売るものは、 その「手間」と「ヒマ」なのです。 それが多くの人が欲しがっているもの、 あるいはニッチでも必ず欲しい人はいるというものなら、 「手間」と「ヒマ」をかける価値があります。 あなたの「手間」と「ひま」を「買う」人がいるからです。


このように、Amazon輸入ビジネスとは 「商品」を売ることが目的なのではありません。 「手間」と「ひま」を どれだけの価格で買ってもらえるか、 売りたいのか、 それをまずしっかりと理解して取り組むことが大切です。