daisyo_top_5-11

Amazon 輸入の基本は安く買って高く売るだけ


Amazon 輸入は、とてもシンプルで、理にかなったビジネスです。
私自身、特別な資格も持っていなければ、英語だって全く出来ません。以前の仕事で輸入経験があったわけでもありません。
そのため、学歴・スキル・才能は一切関係ありません。
よって、サラリーマンが仕事の合間の副業として実践したり、ビジネスが何もわからない主婦や年配の方でも簡単にできるビジネスです。

Amazon 輸入の原理原則は、

「海外の Amazon から安く仕入れた商品を、日本の Amazon で売る」

たったこれだけです。
とてもシンプルで手堅く、リスクが限りなく低いビジネスです。

Amazon は日本だけに存在するものではなく、現在は世界 14 カ国に存在しています。
そして、日本の Amazon と海外の Amazon で、実は同一商品がたくさん出品されているのです。

この同一商品が、日本 Amazon より、海外 Amazon の方が安く売られていたらどうでしょうか?
海外 Amazon から仕入れて、日本 Amazon で販売するだけで、差額分の利益が出せるというわけです。

ネットショップを作る必要もありません。
アフィリエイトのように、ブログや HP を作る必要もありません。
文章を書くスキルも必要ありませんし、専門知識も必要ありません。
株・不動産・FX のように、リスクが高いことをする必要もありません。

ただ、海外 Amazon と日本 Amazon の価格差を見つけて、日本 Amazon で販売するだけなのです。
Amazon 輸入とは、何も無い個人でも簡単に参入でき、シンプルで堅実といえる正攻法のビジネスなのです。

海外と日本で価格差はここまで違う


日本の Amazon と海外の Amazon でそんなに価格差があるのものなの?
と思われるかもしれませんが、世の中には場所や地域や国によって、「モノ」の価値というものは変わってきます。

身近な例をあげても、スーパーやコンビニでも販売価格が多少違ったり、映画館やテーマパークでジュースを購入すると、通常より高いと感じた経験もあるではないでしょうか。
私たちの身近にこのような価格差があるのでしたら、国が違うとどうなるのでしょうか。

ほんの一例ですが、下の写真をご覧ください。

【Amazon 日本】
1


【Amazon アメリカ】
2

日本の Amazon では価格が 3,900 円で販売されているゲームソフトが、アメリカの Amazon では 9.99 ドルで販売されています。
1 ドル 100 円として計算すると、約 1,000 円でアメリカでは販売されているのがわかると思います。
これらは全く同じ商品なのですが、実に 4 倍程度の価格差があります。

このような商品を、アメリカ Amazon から仕入れて日本の Amazon で販売するだけで、差額分の利益が儲かることになります。
他にも、日本の Amazon とアメリカの Amazon で価格差がある商品は、山ほど存在します。

なぜ Amazon 輸入は儲かるのか?


それでは、なぜ Amazon 輸入は儲かるのでしょうか?
こういう根本的なことがわかっていないと、初心者の方はなぜ稼げるのかもわからないですし、すでに稼げている方もなぜ稼げているかわからないです。
これがわかっていないと長期的には稼げません。

まず、ビジネスの基本は価値の提供です。
より多くの人により高い価値を提供できれば、手に入るお金は増えます。

では、どうやって価値を提供すればいいのかというと、基本パターンとしては「誰かがめんどくさいと思っていることを代わりにやってあげる」とお金がもらえます。
では、「誰かがめんどくさいと思っていることを代わりにやってあげる」とはどういうことか?

たとえば、すでに Amazon 輸入を実践している方はわかると思いますが、後に説明する FBA 納品代行会社のような外注さんは、私たちがめんどくさいと思っている Amazon への納品作業を代行して、お金をもらっています。

飲食店を例にあげると、私たちがめんどくさいと思っている食材仕入れや調理などを代わりにやって、お金をもらっています。
学習塾を例にあげても、独学でやったらめんどくさいような勉強を先生が代わりに教えたり、必要な情報を与えたり、効率的な勉強法を教えたりしてお金をもらっています。
色々な商売やビジネスがあると思いますが、このように世の中を見渡したら、ほとんどがこのパターンなのがわかると思います。

では本題に戻りますが、なぜ Amazon 輸入は儲かるのでしょうか?

それは、「海外から商品を買うのがめんどくさい、あるいは言語の壁があるため、海外から商品を買いたくない、買えない、輸入するのが不安」こういった方のために、商品を代わりに仕入れてあげて、日本の買いやすい Amazon で販売しているからです。

Amazon は購入手続きも簡単ですし、FBA 商品ならば配送スピードも速いです。
日本の Amazon ならば、もちろん全て日本語で購入できます。
そして Amazon は、抜群の信頼感を誇るプラットフォームなのでお客さんも安心して購入することができるのです。
海外から仕入れて転売して私たちは何も価値提供していないかというと、そうではなく、立派な価値提供をしているのがわかると思います。

このような理由から Amazon 輸入ビジネスは儲かるのです。
そして、私たちが提供した価値とお客さんのお金の交換でお金が稼げるのです。
必ず「誰にどんな価値を提供しているのか」という部分も意識しながらビジネスを行ってください。

Amazon はネットショッピング市場で最も成長を遂げている


経済産業省の調査によると、ネットショッピング市場規模は2013 年に 11.2 兆円になったことが発表されました。
これは年々上昇していて前年比 17.4%の増加になっています。
消費低迷の日本において、ここまで成長している産業は他にありません。
今後もネットショッピングの市場規模はさらに拡大していく一方であると、明らかに予測がつきます。(数年後には何倍にもなると言われています。)

そして、このネットショッピング市場を牽引している大手オンラインショッピングモールがいくつか存在していますが、その中で最も成長を遂げているのが Amazon なのです。
Amazon は、日本での販売開始以来、着実に訪問者を増やし、現在では月間 4,800 万人が訪れるオンラインストアになっています。

日本の人口の約 2 人に 1 人が、Amazon.co.jp(Amazon.comの日本法人であるアマゾンジャパン株式会社が運営している通販サイト)にアクセスしており、ユーザー数は今もなお伸び続けている状況です。

Amazon.co.jp の売上は、2010 年は約 4400 億円、2011 年は約 5200 億円、2012 年は約 6200 億円、2013 年は約 7455 億円と、年々上昇しています。
国内流通総額は 1 兆円を超える規模だというデータもあります。
成長していくオンラインショッピングモールで、あなたもこれから出店をしてビジネスをすることができるのです。

3
日本の BtoC-EC市場規模の推移(出典:経済産業省)


世界 14 カ国に広がる Amazon


Amazon は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える通販サイトです。
インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の 1 つです。

アメリカ以外でも、
  • イギリス (amazon.co.uk)、
  • フランス (amazon.fr)
  • ドイツ (amazon.de)
  • カナダ (amazon.ca)
  • 日本 (amazon.co.jp)
  • 中国 (amazon.cn)
  • イタリア(amazon.it)
  • スペイン (amazon.es)
  • ブラジル (amazon.com.br)
  • インド (amazon.in)
  • メキシコ (amazon.com.mx)
  • オーストラリア (amazon.com.au)
  • オランダ(amazon.nl)
の 14 カ国にまで拡大しています。
今後もさらに広がって行くことは予想できます。
まさに「世界最大のショッピングサイト」といえるでしょう。


Amazon は本屋ではなく、今やオンラインの総合商社


2000 年 11 月 1 日に Amazon.com の日本版サイト「Amazon.co.jp」としてオープンして以来、開設当初は書籍のみの取扱いでしたが現在は取り扱い品目が大幅に広がっています。
現在では、以下の取り扱い商品カテゴリーがあります。

Amazon.co.jp で扱っている商品は約 5000 万種以上で、日々増え続けています。
「Amazon=オンラインの本屋」というイメージの方も多いかもしれませんが、現在は「オンラインの総合小売業者」と言われるまでに成長しているのです。

Amazon マーケットプレイスに出店してビジネスができる


Amazon の伸び続ける売り上げを支えているのが、「Amazon 小売部門」と「Amazon マーケットプレイス」の存在です。

「Amazon 小売部門」とは、Amazon 自体が仕入れをして、販売をしているものです。
そして、「Amazon マーケットプレイス」とは、個人や企業が Amazon 上で商品を販売できる場所を指します。

Amazon マーケットプレイスを利用すれば、私たちのような個人でも、自分が持っている商品や不要品を簡単にAmazon で出品することが可能です。
私たちが Amazon マーケットプレイスで商品を販売できるようになったため、Amazon の売り上げは急激に上昇していったのです。


めんどうな作業なしに圧倒的な集客力を利用できる


なぜ Amazon は圧倒的な集客が可能かというと、商品を Google や Yahoo!で検索したら商品のほとんどが検索の 1 番上にヒットするからです。
これがネットショップの場合だと、PPC 広告や SEO をして広告費用をかけないと集客はほとんど出来ません。

オンラインで商売をするとなると実はこの集客の部分が一番重要で、一番苦労する部分なのです。
この集客の部分を全て Amazon がしてくれます。

PPC 広告SEO には多くの時間やコストがかかるのですが、すでに Amazon がこの部分に莫大な広告費をかけて力を入れているのです。
先ほど言ったように、Amazon は月間で 4800 万人もの方が訪れるようなオンラインストアになっているのはこのためです。

Amazon で商売をすれば、たとえ個人であってもこれほど膨大な数のお客さんを相手に最初からビジネスができることになります。

そのため「資金・コネ・技術・才能」、そんなものは何も無い弱小の個人だった私や、私のクライアントでも、すぐに売り上げをあげ、利益を出すことができたのです。


圧倒的な販売力を利用できる


この集客力や、Amazon の信用・ブランド力のおかげで、商品に需要があれば必ず売れていきます。
そして人気商品でしたら、1 商品で月に数十個、数百個、本当に多いものだと数千個と売れていく商品もあるのです。

圧倒的な販売力のおかげで、上級者になってくれば商品を大量に仕入れることができ、コストを下げ、回転良く商品を売ることが可能となります。
これほどの商品を販売するにも関わらず、もちろんあなたは店頭に立つ必要はありませんし、声を出して接客する必要もありません。
Amazon が勝手に集客して販売してくれるのです。

このような圧倒的な集客力・販売力があるため、ビジネスをするならば最も稼ぎやすいプラットフォームとして、私はAmazon をお勧めします。

出品は3分でできる。しかも無料


ヤフオク!では、商品撮影や商品説明を自分でやる必要があります。
そのため、出品作業だけで 30 分~60 分はかかってしまいます。
しかし、Amazon の場合は、商品撮影も商品説明も不要で、すでに Amazon 上にある商品ページの写真と商品説明を利用することができます。

Amazon の大きな特徴は、「1 つの商品に対して 1 つの商品ページしか存在しない」ということです。
同じ商品についてはどの出品者も同じ商品ページを利用して販売することができるのです。
そのため、3分程度で出品作業を完了することが可能になります。

圧倒的に短時間で効率的に出品作業が完了します
しかも出品するだけなら無料でできるのが Amazon です。