国内Amazonから購入する場合には、 全く問題のない「配送」というシステム。 ところが、海外のAmazonから取り寄せるとなると、 状況が変わってきます。 必ずしも、日本に配送してくれるとは限らない、 という問題の発生です。 ここでは、それを解決してくれる転送業者について理解しましょう。 海外のAmazonは、日本へ配送してくれない? Amazonアメリカを例にしましょう。 商品によっては、日本へ直送してくれるものもあります。 しかし、必ずしもそうとは限らないことのほうが実は多いようです。 たとえば、英語に対して敷居の高くない人なら、 気軽にAmazonアメリカで買い物をしたいと考えるでしょう。 ところが、 「これが欲しいな」と思っても 「日本へは送りませんよ」というメッセージが出てきてしまえば、 普通の場合にはそれで終了です。 「転送業者を探して登録をし、日本の住所へ送ってもらう」というのは、 「手間」「ひま」がかかるからです。 ですから、 「じゃあ、(高いけど)同じものなら、国内Amazonでもいいや」 ということになるのがほとんどでしょう。 しかし、輸入ビジネスとなればそれをクリアしなければなりません。 先に述べたように、 Amazon輸入ビジネスは、「手間」「ひま」に商品価値があるからです。 現地のパートナーをみつける 「日本へ配送しない」という問題を解決する手段は2つあります。 一つは、海外でパートナーを見つけることです。 アメリカに住んでいる親戚や友達がいるなら、 その人の住所を借りて、 その人に今度は日本に送ってもらうように頼むわけです。 これが一番ベストな方法です。 万一、商品に不都合(破損、商品違いなど)があっても対応してもらえますし、 配送手数料もお互いの交渉しだいでかなり抑えることができます。 配送業者をみつける とはいうものの、そんなに世の中都合よくはいきません。 アメリカに親戚やお友達がいるなどという人は少数派でしょうし、 仮にいたとしてもそんな面倒なことを頼むような間柄ではないとなれば、 別な手段が必要です。 そこで、利用することになるのが 「転送業者」といわれる配送業者です。 インターネットで検索をかければ、いろいろと出てきます。 サービスの内容に若干の違いはあっても、仕組みはほとんど同じです。 英語での対応になるけれども格安であるとか、 割高だけど日本人スタッフが対応してくれるとか、 アメリカだけではなく複数の国にも対応している等々、 それぞれにメリットとデメリットがありますので、 自分にあった業者をよく吟味して選択しましょう。