Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐ方法「実践編」

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法【基本~準備編】はいかがだったでしょうか?
ここからは、実践編に移ります。

Amazon輸入ビジネスで一番大事なことは利益の出る商品を仕入れて日本のAmazonで

販売することです。

感覚的に仕入れて販売しようとしてもなかなか利益を得ることは出来ませんので

リサーチが重要です。Amazon輸入ビジネスで最初にやるべきこととは売れている商品を

見つけ出すことなので売れている商品を扱っているセラーさんを見つけていきましょう。

そうすればどういった商品を扱えば利益を得ることが出来るのかが見えてきます。

 

利益の出る商品を仕入れて販売しているセラーさんを見つける方法はとてもシンプルです。

欧米商品の多くはAmazon内で「並行輸入品・日本未発売・輸入」と表示されています。

これらのキーワードを日本Amazon内で検索するとたくさんの商品が出てきます。

そして注目すべきは配送方法です。AmazonにはFBAというAmazonの倉庫から配送する

システムがあります。この場合は注文後、当日から翌日にほぼ配送されます。

Amazonでの購入者の多くは「納品スピード」を求めています。そのため出品者をチェックする際も

まずはFBAを使っているかをチェックしましょう。

チェックする出品者(セラー)については

Amazon輸入ビジネスにおいてセラーを探すときのポイント 「配送方法」」にもまとめてあります。

 

出品者(セラー)のチェック方法として「評価を確認する」というのがあります。

各出品者の評価をチェックすることでどのような商品を扱っていけばよいかが

わかりますし、評価が高く数も多い出品者を常にチェックすることで

Amazonで売れる商品や売れている商品がすぐに確認できるようになります。

Amazon輸入ビジネスはセラーのストアページの分析が大切」でも詳しく説明しているので

チェックしましょう。

 

Amazon輸入ビジネスにおける「在庫セラー」と「無在庫セラー」とは実際に在庫を持って

取り組むセラーと注文が入ってから仕入れを行っているセラーのことです。

在庫を持つ場合は発送までの時間が短いことや仕入れコストを落とせるなどの

メリットがあります。在庫を持たない場合は発送までの時間がかかることや

受注後の仕入れ時に仕入れ価格が高くなりやすいなどのデメリットがありますが

注文が入ってから仕入れれば良いので在庫リスクがありません。

それぞれのメリットやデメリットは「在庫と無在庫、Amazon輸入ビジネスでのリスクは?」にて

解説しています。

 

Amazon輸入ビジネスで稼ぐにあたってリサーチというのはとても重要です。

リサーチの方法は色々とあります。

リサーチに関しては「Amazon輸入ビジネスでの商品リサーチ」にて

とても詳しくまとめてあります。

関連記事: Amazon輸入ビジネスでの商品リサーチ(前編)
関連記事: Amazon輸入ビジネスでの商品リサーチ(後編)


Amazon輸入ビジネスは、Amazonアメリカからスタートするのがセオリーです。

商品数も多いので仕入元としてとても優れています。

Amazon輸入ビジネスにおける商品の仕入れは自己責任ですがきちんと

理解していれば大きなリスクはありません。海外と国内での違いの一つとして

梱包の違いがあります。日本では外箱も傷まないように綺麗に包装されたり

梱包されることが多いですが海外の場合は梱包が簡易的あったり外箱への

ダメージは特に気にしないというのがあります。仕入れた際に外箱の傷みが

ひどいと販売できなかったり悪い評価を受ける要因になるので

事前にセラーさんに丁寧に扱ってもらうように伝えたり外箱の状態も

確認するようにしましょう。海外セラーさんの評価を確認するのも重要です。

 

 Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐうえで重要なのが

仕入れから出品までのスピードです。

日本Amazonで売れている商品かつ海外との価格差のある商品を

見つけても出品までに時間がかかると日本Amazonで売れる価格が下がってくるので

価格差が無くなりお金を稼ぐことができなくなります。

 

それを避けるためには海外からの発送スピードです。

仕入元は最初のうちはアメリカAmazonが安心です。

こちらに関しては「Amazon輸入ビジネスは「時間」との戦い」で確認して下さい。

またアメリカAmazonに出品していても発送先が別の国という場合もあります。

その場合は日本までの到着が想像以上にかかることがあるので

注意が必要です。日本への到着が遅くなって損をしてしまうことがないように

Amazon輸入ビジネスにおけるAmazonアメリカのセラーの見分け方もチェックしましょう。

 

Amazon輸入ビジネスはお金を稼ぐ方法としてとても優れた手法ですが

取扱商品として避けたほうが良い物もあります。

例えば食器は輸入時に食品衛生法の影響をうけるので観賞用であれば

回避出来る可能性もありますが基本的には検査が必要です。

その際には費用が発生しますし検査に時間がかかります。

化粧品や医薬品も個人使用以外では検査が必要です。

皮革商品は元々関税が高いという点と素材によってはワシントン条約に違反するので

輸入ができない場合があります。

これらの情報は「Amazon輸入で最初は避けたい商品」にてまとめてありますので

確認して下さい。

 

Amazonにて商品を仕入れる際に注意する点として画像に写っているもの

すべてが含まれているわけではないというケースがあります。

例えばブレスレットをアメリカAmazonで出品者が出品していて

画像にはブレスレットを綺麗に見えるようにするためのスタンドが写っているとします。

しかし販売しているのはブレスレットのみなので画像に写っているスタンドは

一緒に送られてきません。

洋服でもモデルさんが全身コーディネートをしていても販売はトップスのみと

いうこともあります。

Amazon輸入ビジネスの仕入れ時に届く商品を間違えないようにすることで思わぬ損失を

防ぐことが出来ますので購入時(仕入れ時)に注意してください。

 

Amazon輸入ビジネスにおけるShippingの基礎知識として送料計算があります。

Amazonでは送料無料で販売されている場合や一定金額以上を購入すると送料無料になる

場合があります。海外(日本へ)発送無料と設定している海外Amazonのセラーさんは

多くないですが国内(例えばアメリカAmazonならアメリカ国内)は送料無料という

ケースはそれなりの頻度であります。この部分も確認しながら仕入れを行ってください。

 

海外Amazonでの商品購入の流れについてです。

基本的には日本Amazonと同じ仕組みなので難しくないです。

購入の際は価格と商品数と発送先住所を確認します。

海外Amazon(特にアメリカAmazon)の場合は日本への直送ではなく

転送会社を使うことも多いので発送先住所を間違えないようにしてください。

 

なお海外のアマゾンでも日本のAmazonのようにアマゾンプライム(AmazonPrime)があります。

AmazonPrimeはその国内の送料が安くなったり配送日数が短縮できたりする

サービスなので導入したほうがお得です。年会費もしくは月額費がかかりますが

お試し期間もありますのでAmazon輸入ビジネスが本格化してきたら

ぜひ導入しましょう。Amazonでは“Place your order ”をクリックすれば決済が確定します。

一度海外のAmazonで購入が出来れば難しくないことがわかり

スムーズにAmazon輸入ビジネスを進めていくことが出来ます。

 

転送会社に商品を送るようにした場合は転送会社によって方法は異なりますが

商品が届くことを連絡したり、日本に転送を依頼したりする必要があります。

複数の商品をまとめて転送してもらったほうが送料は安くなります。

しかし基本的に商品は日数が経てば経つほど国内アマゾンでの価格は下がっていくので

あまり転送会社に商品を置いておくと利益を得られなくなりますので注意してください。

転送業者に発送の依頼をする。」もあわせて参考にしてください。

 

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法 販売編

日本Amazonへの出品はすでに出品されている商品であれば

とても簡単にできます。まだ出品されていない商品に関しては新規に出品ページを

作ります。すでに出品されているのに新規で出品ページを作ってしまうと

Amazonから連絡が来て削除をしすでに出品されているページに再登録する形になります。

日本のAmazonへの出品にて新規出品について説明しています。

 

また出品商品のコンディションの説明もトラブルのない取引には重要です。

Amazon輸入ビジネスでは商品のコンディションに気を配りましょう

 

Amazon輸入ビジネスで商品登録の際に注意することは在庫数と商品化価格、

そしてFBAの設定です。FBA(Amazonの倉庫)に何個の在庫があるかを

記入します。そして販売価格を設定します。販売価格はAmazon輸入ビジネスの場合

他の出品者でFBAを使っている出品者の価格に合わせるのがセオリーです。

最安値が売れやすいのは事実ですが納品までに時間のかかるところや

FBA発送ではないところはアマゾンで購入する方の傾向として避ける傾向にあります。

そのためFBAに商品を納品している場合の販売価格はFBA出品者の販売価格に

合わせるのがセオリーとなります。

 

Amazonの倉庫であるFBAに納品する際の配送業者は色々あります。

国内での荷受をしてAmazonのFBAに発送してくれる代行会社もあります。

代行会社を使わずご自身のお家や会社から商品をFBA発送する際は

各配送会社から見積もりをとって決めるようにします。

日本郵便ではFBAパートナーキャリアサービスというのを始めています。

Amazon輸入ビジネスでは、どの国内配送業者を使うべき?」も参考にしてください。

 

Amazonの倉庫には毎日大量の商品が届きます。

そのためAmazonが定めたルールに則って納品する必要があります。

このルールを守っていないとせっかくAmazonの倉庫であるFBAに発送したとしても

 返品されてしまいます。そうなると送料の損失だけではなく

時間の損失もしてしまうので納品方法に関してはセラーセントラルページを良く確認して

行ってください。

Amazon輸入ビジネス、Amazonへの納品時の注意点 まとめ」でも説明しているので

参考にしてください。

 

Amazon輸入ビジネスも需要と供給の関係を正しく理解することでで売上が大きく異なります。

価格の基準はFBA納品をしている出品者の価格です。

Amazon輸入ビジネスでは強豪が多い商品ほど価格の下落が早いです。

Amazon輸入ビジネスにおける価格設定のポイントとしては

自分の出品している商品のライバルセラーの価格は常にチェックするようにすることです。

仕入れ価格をしっかりと把握しながらどの価格まで下げられるかを

確認し、価格の下落が早いようであれば早めに売り切ることを考えて価格設定をする

必要があります。

 

Amazon輸入ビジネスにおけるショッピングカートの獲得はとても重要です。

カートとは商品ページの一番上に自身の商品が表示されることです。

カートを取得できているときは他の出品者より高い金額でも売れます。

カートが取得できるかどうかは競合の数や販売価格、評価、FBA出品かどうかなどの

複合的要素で決まります。

 

Amazon輸入ビジネスにおける価格変更のタイミングはセラーさん(出品者さん)によって

異なります。取扱商品によって異なりますが一般的に土日などの週末は

売れやすいタイミングなのでそのタイミング前後に行うセラーさんが多いです。

ご自身のビジネス環境に合わせて価格変更のタイミングを決めて取り組むと

効率よくAmazon輸入ビジネスを行うことが出来ます。

 

Amazon輸入ビジネスでのリサーチ方法については前述していますが

お伝えした方法以外のAmazon輸入ビジネスを加速させるための商品リサーチ方法

を2点お伝え致します。

 

1点目はアマゾンで商品を購入したり購入を検討しているユーザー向けに

表示される「この商品を買った人はこんな商品も買っています」や

「よく一緒に購入されている商品」を活用したリサーチ方法です。

これらを上手く活用することで利益の出る商品を見つけていくことも可能です。

このリサーチ方法は海外アマゾンで活用することも出来ますし

日本Amazonで活用することも出来ます。

 

2点目は「色・サイズ・シリーズ」違いの商品を仕入れて利益を得る方法です。

日本で人気の色やサイズはグーグルなどで検索すれば把握できます。

そのためそれらを把握しながら売れている商品の色違いやサイズ違い

そしてシリーズ違いも仕入れの検討をするようにすると

Amazon輸入ビジネスで利益を増やすことが出来ます。

 

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法の仕入先として

最初の頃は海外アマゾン(特にアメリカAmazon)を活用するのが

セオリーです。しかし経験を積んでいけば海外Amazon以外も仕入先にすることで

利益を増やすことが出来ます。

 

 海外のAmazonは基本的に安いですがAmazonに販売手数料を支払っているので

海外のネットショップのほうが安いこともたくさんあります。

海外のネットショップから仕入れを行う際はPayPalで決済すると安心です。

PayPalは商品が届かなかった時などの補償が手厚いです。

そのため海外のネットショップから仕入れを行う際はPayPalで決済を

行うといいです。

Aazon輸入ビジネスの仕入先を増やすためにPayPalに登録しましょう。

 

PayPalを使えるようになると海外のネットショップからの

購入が安心して行えるようになります。そしてさらにお金を稼ぐ方法として

ebayを仕入元にするのもおすすめです。ebayは世界最大のオークションサイトで

日本のヤフオクをさらに巨大化した市場です。

オークションだけではなくて即決(buy it now)での販売もしています。

海外アマゾンよりも安く仕入れることが出来るサイトなので是非活用してください。

ebayの仕入れ方法については

Amazon輸入ビジネスの仕入先はAmazonだけじゃない ebayの利用」にて

説明をしています。

 

Amazon輸入ビジネスでは海外Amazon以外に海外ネットショップやebayを使うことで

効率よくお金を稼ぐ事が出来るわけですが、海外ネットショップから仕入れを行う際は

グーグルショッピングを活用するのが便利です。グーグルショッピングは検索エンジンの

Googleが把握しているネットショップの一覧を見ることが出来る機能です。

Google shoppingを活用することでさらに効率よく仕入元を探すことが出来ます。

Amazon輸入ビジネスの仕入先はAmazonだけじゃない Google shoppingの利用」を

参考にしてください。

 

Amazon輸入ビジネスに使いたい価格比較ツールとして便利なサイトがあります。

「Amazon世界価格比較ツール Amadiff.com」はグーグルクロームの拡張機能として

インストールすることで利用できます。またさらに詳しく調べたい時や検索の精度を上げたいときは

「TAKEWARI」が便利です。どちらのサイトも無料にて利用できます。

 

アマゾンでは出品の際に事前に申請が必要なカテゴリーが有ります。

申請が必要なカテゴリー一覧

時計
服&ファッション小物
シューズ&バッグ
ヘルス&ビューティー
コスメ
ジュエリー 
食品&飲料
ペット用品

 上記のカテゴリーに出品する際は審査が必要ですがコスメと食品&飲料以外は

それほど申請のハードルは高くありません。

Amazon輸入ビジネスにおけるカテゴリー申請に必要な情報は特商法・返品ポリシー・商品画像と

なります。上記で説明しているので確認して下さい。

 

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法としてすぐに行いやすいのが

すでに出品登録されている商品と海外の同じ商品を比較して利益の得られる商品を

仕入れて販売する方法です。

この方法は取り組みやすい分、競合が増えやすいデメリットがあります。

それに対してアマゾンでまだ誰も扱っていない商品を新規登録して稼ぐ方法もあります。

新規登録をしてお金を稼ぐ方法は大口出品登録をしているのが条件になります。

Amazon輸入ビジネスで新規商品登録をしてお金を稼ぐ方法についてまとめてありますので

確認して下さい。

 

新規登録出品でお金を稼ぐAmazon輸入ビジネスで必要なSEO対策はそれほどありません。

必要なポイントは2つです。1つはカテゴリーを適切な場所にすることです。

Amazonではカテゴリー検索よりもキーワード検索で商品を探す方の方が

圧倒的に多いです。しかしカテゴリーから検索する方も一定の割合でいます。

またカテゴリーが適切で無いとAmazonからカテゴリーの変更を求められたり

出品停止になります。そのため新規登録出品の商品が適切なカテゴリーに入るようにします。

 

2つ目のポイントはキーワードです。

商品が検索される時に使われるであろうキーワードは必ずいれます。

そうすることでAmazon内はもちろんのこと外部の検索エンジン(GoogleやYahoo!)からの

検索の際も見つけてもらいやすくなります。

 

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐために守るルールと取り入れたほうが良いものがあります。

まずAmazonではお客様からのメール返信は24時間以内というルールがあります。

これを過ぎてしまうとAmazonからの評価が悪くなってしまいます。

また決済方法に関しては出来る限り幅広い決済方法を持つといいです。

クレジットカード決済以外に代金引換やコンビニ決済も導入できます。

お客様から領収書の発行を求められるケースがありますがこちらは

Amazonカスタマーサポートに連絡してもらうようにすれば領収書の発行ができます。

Amazon輸入ビジネスのルール」にて記載してますので確認して下さい。

 

Amazon輸入ビジネスでは、「評価」が命と言えます。Amazonの場合ヤフオクと比べると

評価はもらいづらいです。ヤフオクはお互いが評価をする文化が根付いていますが

Amazonの場合は販売者側で評価をすることもないので購入者側で評価をつけることも

あまりありません。そのため評価はたまりづらいです。またアマゾンで購入する方々の

心理として「通常通り届くのが普通」という思いを持っているので予定通り届いても

特に感動はなくこれもまた評価をしてもらいづらい理由になります。逆に納品が遅れたり

購入者側の想像と違っていたりすると悪い評価を受けることがあります。

Amazon側も適切ではない評価に対しては申請をすれば削除をしてくれるようになっています。

評価はショッピングカートの獲得にも大きな影響力を持っているので悪い評価をもらわないように

Amazon輸入ビジネスを進めていく必要があります。

 

良い評価を受ける方法として購入者に直接メッセージを送る方法です。

Amazonからも評価を促すメールは届きますがいつも届くメールのため

お客様の反応はよくありません。そのため個別でメールを送るようにします。

評価を依頼するメールだけですと不躾なので購入して頂いたお礼とともに

お願いするようにします。また出品者として評価はとても重要なものであることを

伝えるのも効果的です。その際に3つ星ではなく5つ星がスタンダードであることも

上手く丁寧に伝えると良いです。

 

悪い評価を受けてしまった時にはAmazonに削除の依頼をするか

購入者さんに連絡をして変更してもらう方法があります。

まずはAmazonに依頼してそれでもダメなら諦めるか購入者さんに

お願いをするようにします。

Amazon輸入ビジネスは、「高い評価」をもらうまでがビジネスなので

特に評価をためていく最初の時期は頑張ってください。

 

Amazon輸入ビジネスにおける返品対処法についてお伝え致します。

アマゾンで販売をしているとどうしても一定の割合で返品が発生します。

1度返品を受けた商品はアマゾンで新品として再出品することはできません。

そのためFBAに返品されている場合はご自身のところへ送って頂く必要があります。

返送を受けたら中古して出品することが可能です。

 

あるいはヤフオクにて販売するという方法もあります。

ヤフオクの場合は1円出品を使うことができるので商品によっては

ヤフオクに出品したほうが早く売れます。一概には言えませんが高く売れやすいのは

Amazonでの販売になります。

返品となってしまった商品をアマゾンで販売したほうが良いのか

ヤフオクで販売したほうが良いのかを適切に判断できるようになってください。

損切りが適切に出来る様になるとAmazon輸入ビジネスでお金を稼ぐことの

効率も上がります。

 

Amazon輸入ビジネスが軌道に乗れば様々な業務を外注することも可能です。

また常にAmazon輸入ビジネスでは業務を効率化させるツールがたくさん開発されています。

それらにアンテナを立てておくことでより効率よくお金を稼ぐことが出来ます。

Amazon輸入ビジネスを発展させるためにぜひ引き続き情報を取得していってください。

 

ここまでAmazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法についてお伝えしてきました。

このサイトでお伝えしていることを実践していけばAmazon輸入ビジネスでお金を稼ぐことが

出来るようになります。
こちらのサイトでも引き続き様々なインターネットでお金を稼ぐ方法をお伝えしていきます。