Amazon輸入ビジネスをまずは知る

Amazon輸入ビジネスは大きく分けて3つの手順があります。

1リサーチ

2仕入れ

3出品(商品登録)

この3点をベースとして取り組むことで効率よく

進めていくことが出来ます。

Amazon輸入ビジネスの手順は3つだけで説明していますので確認して下さい。

 

Amazon輸入ビジネスとは簡単にいえば「海外のAmazonで商品を仕入れて

国内のAmazonで販売する」輸入ビジネスです。

日本と海外のAmazonを比較して価格差のある商品を仕入れて

日本で売ることで利益を得ます。

Amazon輸入ビジネスを知っていますか?で説明しています。

 

Amazon輸入ビジネスに必要なものとしてクレジットカードとパソコンがあります。

この2点に関しては必須と言えます。

そのほかにもあったほうが良いものはありますが、まずはパソコンとクレジットカードが

あればスタートが出来ます。

 

Amazon輸入ビジネスは何を目的としているビジネスなのか?というと

国内と海外の価格差を調べてより安くお客様に商品を提供するビジネスです。

海外から仕入れて国内で販売するその手間や労力の対価があなたへの

利益となります。

 

Amazon輸入ビジネスに必要なスキルとは?実はそれほど多くありません。

海外から商品を仕入れるので英語のスキルが必要と思われがちですが

会話でのやりとりもないですし、仕入れの際にほとんど文章を書くケースもないので

取り組みやすいビジネスです。英文を読んでもわから無い場合は無料の翻訳サイトを

活用すれば解決できます。

 

Amazonのユーザー数や各国に展開されている数についてですが現在14カ国です。

ユーザー数は3億人以上となっており、どちらも年々増加しています。

 

Amazonには独自の配送システムを持っていてFBAと言います。こちらを活用することが

Amazon輸入ビジネスで効率よくお金を稼ぐ方法となります。

そのためにもFBAというAmazonのシステムについて理解しましょう

 

Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐ方法「準備編」

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ際にぜひ導入していただきたいのが

転送会社です。転送会社とは海外に発送しない商品に対して

海外(例えばアメリカ)で受け取ってくれて、国内(日本)に発送してくれる

サービスを提供している会社のことです。

転送会社にかぎらず現地に住んでいるパートナーを見つけて行う方法もあります。

こちらのAmazon輸入ビジネスのパートナー、転送業者にて説明しています。

 

Amazon輸入ビジネスでは「転送」をうまくできるかどうかが、Amazon輸入の第一のカギといえます。

利用する転送会社を見つけたら申し込みをしてアカウントを取得します。

アカウントを取得すれば転送用の海外住所(アメリカの転送会社ならアメリカの住所)を

取得できます。転送方法は転送会社によって多少異なりますが

多くの場合は海外で購入したら(例えばアメリカAmazon)発送先を

転送会社の住所にします。そして転送会社にどのような商品が届くかを伝えます。

転送会社に届いたらその商品を日本に発送してもらいます。

 

Amazon輸入ビジネスに必要なアカウントについてです。

販売先となる日本Amazonと仕入先の各国のAmazonやebay

海外ネットショップとなります。日本のAmazonのアカウントで

海外のAmazonにサインイン(ログイン)することは出来ません。

そのため海外のAmazonにサインインするために登録が必要になります。

 

Amazon輸入ビジネスを行う際にリサーチや仕入先として一番活用するのが

アメリカAmazonです。

登録に必要な情報は「Amazonアメリカへの登録は、輸入ビジネスの第一歩」

書いてありますので確認して下さい。

 

また登録は英語になります。英語での住所の書き方は日本語での書き方と

異なるのでこちらも「Amazon輸入ビジネスに必要な「配送先」等を登録するための準備」にて

確認して下さい。

 

海外Amazonから購入して国内に届くまでの期間はおおよそ1週間~2週間ほどです。

例えばアメリカAmazonでは発送方法が3つありますが、配送料金の安いものほど

日数がかかり料金の高いものは早く届きます。どの程度で届くかの目安に関しては

Amazon輸入ビジネスにおける発送・関税の基礎知識にて確認して下さい。

 

Amazon輸入ビジネスを実践するにあたっての使用するブラウザについてですが

これはChromeがおすすめです。スピードの早さと拡張機能の充実でその他の

ブラウザよりも勝ります。

ブラウザに関しては「Amazon輸入ビジネスにはどのブラウザがいい?」で

解説しています。

 

なおChromeをインストールするとAmazon輸入ビジネスのリサーチ時に便利な

Sma Surfというアプリケーションを使うことが出来るようになります。

Sma SurfはChromeでインストールすることが出来る拡張機能です。

詳細は使い方に関しては後ほどお伝えしますので「Amazon輸入ビジネスに不可欠なSma Surf」を

参考にしながらインストールをしましょう。

 

続いてAmazon輸入ビジネスで利益の出る商品を見つけやすくなる

アプリケーションを御紹介します。こちらもChromeの拡張機能です。

名前はThe Camelizer(Camelcamelcamel)といいます。

登録方法は「Amazon輸入ビジネスにもラクダ(Camel)が必要?」にて

伝えています。

 

Amazon輸入ビジネスでは、クレジットカードの上手な利用がカギとなります。

海外からの仕入れにはクレジットカードを使います。そしてクレジットカードの

引き落とし前に仕入れた商品を販売し現金化することで

資金がなくてもAmazon輸入ビジネスでお金を稼ぐことが出来ます。

 

クレジットカードの多くは月末締めか月中締め(10日や15日)です。

締め日の翌日にカードを使った場合は実際の支払いまでに1ヶ月から

カードによっては2ヶ月ほどの猶予期間があります。

 

この猶予期間を上手く活用するのがAmazon輸入ビジネスで

お金を稼ぐ方法になるわけですが、その他にもクレジットカードを

使うことでポイントが貯まるなどのメリットがあります。

 

また所有のクレジットカード会社に連絡をすることで

利用枠を上げてもらうことも可能です。この際の注意点としては

クレジットカード会社に「仕入れで使う」ということを

伝えないことです。仕入れに使うことを伝えると最悪クレジットカードの

利用停止となってしまいますので注意しましょう。

 

クレジットカードに関しては

Amazon輸入ビジネスにおいてポイントを賢く利用するのも必要なスキルです。

にても説明していますので確認して下さい。

 

クレジットカードの締め日をしっかりと把握することで多額の資金がなくても

Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐことができることはお伝えしました。

締め日の注意点として海外の時差です。日本ではすでに日付が変わっていても

仕入元の国ではまだ日付が変わっていないことがあります。

 

Amazon輸入ビジネスは時差も考えて仕入れましょう

締め日に仕入れをしてしまうと引き落としまでの日数が少ないので

稼ぎの効率も資金繰りも悪くなります。仕入元の国の日付(締め日の次の日)が変わってから

仕入れを行うようにしましょう。

 

Amazon輸入ビジネスでは日本のAmazonが販売先になります。

出品者登録として小口出品と大口出品がありますが

おすすめは大口出品です。4900円の月額費用がかかりますが

販売戸数や売上、利益を考えると大口のほうが圧倒的に得します。

Amazon輸入ビジネスをはじめるための出品者登録」でも説明していますので

確認して下さい。

 

Amazon輸入ビジネスを実践するにあたってAmazonの管理画面について

理解する必要があります。特に在庫管理に関してはきちんと理解することで

販売機会の損失なく取り組むことが出来るようになります。管理画面の使い方については

Amazon輸入ビジネスは、セラーセントラルの「在庫管理画面」を活用します」で

お伝えしています。

 

Amazon輸入ビジネスでは法律で特定商取引法の表示が義務付けられています。

必要な情報は「担当者名・事業所住所・電話番号・古物商番号(該当のみ)」となります。

副業などで自宅住所以外を表示したい場合は月に500円ぐらいから住所を

借りるサービスを使うことも出来ます。

電話番号に関しても050電話を使うことでスマートフォンやパソコンから

通話することが可能になります。

おすすめの050電話は050Plusです。費用も安く便利です。

Amazon輸入ビジネスを始める前に「特定商取引法」を理解しましょう」にて

特定商取引法に関してまとめてあります。

 

お店の名前についてついてですがAmazonの規約で店名に「Amazon」や「アマゾン」を

利用することは禁止されています。

Amazon輸入ビジネスも店名によって売り上げが変わりますのでどういったものを

扱っているお店なのか、あるいは読みやすい覚えられやすい店名を心がけて

店名を決定するといいです。


ここまで「Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐ方法(準備編)」を
お伝えしてきました。

引き続き「Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐ方法(実践編)」が
ありますので、実際の作業手順やツールの利用方法についてご覧ください。
↓  ↓  ↓
Amazon輸入ビジネスを実践してお金を稼ぐ方法「実践編」