Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐには、安く商品を仕入れ高く売るのが基本です。 安く商品を仕入れるためには、日本で仕入れることや日本製にこだわると なかなか実現できない事もあります。 そのような場合は、 アジア各国などの日本よりも安く商品を売っている場所から仕入れ、 その仕入れ場所から、直接販売の舞台となる場所に商品を送ることで、 より効率よくお金を稼ぐことができます。

アジアで仕入れる

アジアで商品を仕入れるには、ネットや現地買い付け、 現地に住むスタッフに買い付けを代行してもらうなどの方法があります。 これらの方法について見ていきましょう。

ネットで仕入れる

ネット上でも、中国などから世界中に品物を発送できるサイトがあります。 これらのサイトを選ぶ時のポイントは、 1.英語が可能か 2.クレジットカードが利用できるか の2点です。 中国語や他の言語にに堪能な方、問題がありませんが、 ニュアンスまでは分からない方は、英語でやり取りできる方が安心です。 また、決済をクレジットカードでできるなら、換金などの手数料が省けるだけでなく トラブルが起こった場合に、クレジットカードのショッピング保険を利用して 返金や保証を受けることもできます。 日本でも人気の中国のネットショッピングモール「アリエクスプレス」 (http://www.aliexpress.com/)などは 利用者も多いので、比較的安心でしょう。

現地で仕入れる

現地で仕入れるためには、やはりその国の言語ができるのが望ましいでしょう。 ある程度まとまった数量を購入しないと、観光客と思われ、 日本で購入するよりも高値で仕入れてしまうことにもなりかねません。 まずはネットや日本の小売店を見て、商品の相場をよくリサーチしたうえで、 現地の「問屋街」や「市場」などで仕入れに挑戦してみましょう。 現地で購入するのは難しいと思える場合は、 現地在住の仕入れスタッフを探すことができます。 ネットのクラウドソーシングなどで、 中国などのアジアに在住する、買い付けスタッフの募集をかけることもできます。 スタッフへの手数料を支払っても、出品者が足を運び不慣れな国で活動するより 効率よく良い商品をよい値で仕入れることができるでしょう。 また、製品を作る工場から直接仕入れることもできます。 日本や他のメーカーが所有する工場の場合は不可能ですが、 各メーカーから依頼を受けて製作している工場の場合は、 交渉次第によっては直接取り引きが可能な場合もあります。 実際に足を何度も運ぶか、現地スタッフに交渉を依頼することで、 工場による買い付け、つまり最安値での仕入れが可能になるのです。

アジアの商品を仕入れる

日本を前面に打ち出した商品でも、 製造元を見るとアジア諸国と表示されていることも多いです。 また、エスニックテイストの商品など、 アジアを前面に打ち出した商品も欧米では人気があります。 このようにアジアの商品を専門的に仕入れることで、 日本製にこだわって仕入れるよりも、仕入れ値を下げることもできます。 中国を含むアジアでつくられる商品にはどのようなものがあるか、 時間を取ってリサーチすることもお勧めです。 アジアにある工場で生産されることの多い「100円均一」の商品や 雑貨専門店、安売り専門店などの、日本国内の店舗を見て回り、 実際にどのような商品が売れているのか、どのような商品があるのかを知り サンプルとして購入してみることができます。 これは商売になると思える商品があれば、 製造元や輸入販売元に電話やネットで問い合わせてみましょう。 思わぬ販路が開けることもあります。 ですが、アジアの商品なら何でも日本製より安いわけではなく、 また、日本の工場の製品と比べ、不良品率が非常に高いこともあります。 アジアの商品だからと先入観を持つのではなく、 不良品率の低さと価格に常に注意して、購入をするようにしましょう。

アメリカ以外でも販売する

Amazonは、13の国々で展開されています。 本国のアメリカをはじめとし、イギリス、フランス、ドイツ、 カナダ、イタリア、スペイン、ブラジル、中国、インド、メキシコ、 オーストラリア、オランダ、そして日本です。 つまり、アメリカと日本という組み合わせだけにこだわるのではなく、 差額があって利益が生じそうな組み合わせなら 積極的に活用することもできるのです。 また仕入れをAmazonに固定しないなら、 更に多くの「仕入れ」と「販売」の組み合わせが生じます。 無限に生じる組み合わせの中で、リスクを最小限にし、 利益を最大限にするビジネスでお金を稼いでいきましょう。 ネットによる通販ビジネスと言うと、 もうすでに飽和状態にあるのではと危ぶむ声もありますが、 実際はまだまだ開発途中で、今後も拡大していくことは間違いありません。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ