インターネットを活用したお金を稼ぐ方法として中国輸入ビジネスがあります。
この方法は小資金から始められて個人でも行えるお金の稼ぎ方です。

中国輸入ビジネスの始め方で記載されているように特徴として利益率が高く市場が大きいため飽和の心配もありません。



中国輸入ビジネスでお金を稼ぐために基本を知る


中国輸入ビジネスを実践していくうえで必ず知っておくべきサイトがタオバオとアリババです。仕入元はタオバオとアリババとなります。

注意点として中国輸入ビジネスでは絶対にブランド品・メーカー品を扱わないことです。
中国では正規品に関する考え方が日本と異なります。

そのため中国から仕入れを行う際は絶対にブランド品やメーカー品を扱わないようにします。

中国輸入ビジネスでは不良品が発生する確率が高いのでこちらも注意が必要です。信頼できる仕入元を見つけるまでは少数からの仕入れを行うようにしてください。詳しくは「中国輸入ビジネスにおけるアリババとタオバオ」にて確認して下さい。


続いて中国輸入ビジネスの流れについて御説明致します。中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法はとてもシンプルです。

「売れている商品を探す」→「仕入れ価格+送料+手数料で計算して利益の出る商品を仕入れる」→「Amazonやヤフオクで販売する」という流れです。

売れている商品を探す方法としてオークファンやモノレートを使います。
利益の計算方法は「販売価格からこれらを引きます。

輸入代行業者に支払う費用・為替交換手数料・中国内送料・海外送料」となります。
販売はご自身や自社で直接お客様に発送する場合とAmazonのFBAを利用して発送する方法があります。
 

中国輸入ビジネスはAmazonを利用しますが、その理由はAmazonを利用することでとても効率よく販売していくことが出来るからです。Amazonでは出品の手間がかかりにくく代金の回収代行も行ってくれFBAという商品の受け渡しも行ってくれます。

これらAmazonのシステムを最大限活用することで効率よくお金を稼ぐことが出来ます。


Amazonにはマーケットプレイス出品というのがあります。こちらは出品者側で商品説明や商品画像を作成しなくても出品ができる方法です。出品において手間がかからないです。

商品が売れたらお客様はAmazonに支払いをし出品者はAmazonから代金を受け取ります。
そのため未払いが起こりません。商品の受け渡しにおいてもFBAを使うとAmazonの倉庫に事前に納品する形になるので売れた時点でAmazonから発送されます。
 

なおFBAに納品していると商品は当日から翌日にお客様のもとに届くのでお客様の満足度も高いです。また競合する出品者がいる場合にFBAを使っているとショッピングカートの獲得がしやすく他の競合よりも売れやすいというメリットがあります。

FBAを利用すると保管料や配送料がかかりますがそれらを支払ってもメリットのほうが大きいです。


Amazonでは2つの出品形態があります。1つは大口出品でもう1つは小口出品です。
大口出品の場合は月額費用として4980円がかかります。小口出品の場合は月額費用はかかりませんが、成約手数料が1点あたり100円かかります。

また大口出品の場合はまだAmazonに登録されていない商品を扱う際に新規登録が出来ます。
新規登録した商品を取り扱うと競合に同じものを出品されず独占的に稼ぐことも可能になります。

 
小口出品の場合は新規登録ができません。
新規登録商品ではなくても月に50個販売すれば大口出品のほうが得なので、中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ際は大口商品のほうが良いです。

中国輸入ビジネスにおいて月に50個の販売は難しくありません。
 

ここであらためて中国輸入ビジネスがなぜ良いのか?についてお伝え致します。

中国輸入ビジネスはノーブランド商品を扱うことがメインなので市場規模がとても大きく、これからも拡大し続ける市場です。また商品単価が安いものを扱うことが多いので小資金から始めることが可能です。

そして利益率が高く500円ぐらいの仕入れ価格の商品が2000円以上で売れたりもします。
しかもそれが1つではなく数多く売れることが可能です。


中国輸入ビジネスの仕入れ方法はタオバオをメインとして中国輸入代行業者を活用して国内に入荷します。
中国輸入代行業者を利用せずに行うことも不可能ではないですが、通関手続きや中国での銀行口座開設、配送手続きなど難しい部分が色々あるので、信頼できる中国輸入代行業者に依頼するのがスムーズに中国輸入ビジネスを行える方法です。

中国輸入代行業者の選び方や利用方法については上記の「中国輸入ビジネスの仕入れ方法」にてお伝えしています。



中国輸入ビジネスを実践する際にはブラウザをグーグルクロームにしたほうが効率が良いです。

グーグルクローム(Google Chrome)とはGoogleが提供しているフリーでインストールできるブラウザです。IE(インターネットエクスプローラー)と比較して動作が早く、またサイト自体を翻訳する機能も搭載しているため中国輸入ビジネスにおいてとても便利です。


次に銀行口座の開設とクレジットカードです。

銀行口座はAmazonで販売した際の売上の受け取りに必要です。またクレジットカードもAmazonへの登録や仕入れに必須となります。

 

中国輸入ビジネスではAmazonでの販売がメインになりますのでAmazonにも登録します。大口出品での登録がおすすめです。

またAmazonの配送システムであるFBAを利用することで利益を増やしていけますのでFBAにも登録します。


中国輸入ビジネスではタオバオをメインとして仕入れを行いますが、AliExpress(アリエクスプレス)を仕入元にすることも可能です。

AliExpress(アリエクスプレス)はタオバオに比べて仕入れ価格が高くなりやすい点がありますが、代行業者を使わずに仕入れられる点や中国語表記ではないのでサイトが使いやすい点などのメリットがあります。
AliExpress(アリエクスプレス)については「中国輸入ビジネスでAliExpress(アリエクスプレス)を利用する」を確認して下さい。


Amazon輸入ビジネスはお金を稼ぐ方法としてとても優れた手法です。
そしてさらに外注することで自らがやらなくて済む作業があります。

本来は荷物が届いて→検品をして→Amazonのラベルを貼って→AmazonのFBAに納品する という作業がありますが、これらの作業をすべて代行してくれる代行業者(代行会社)もあります。
中国輸入ビジネスで何もしなくていい方法とは?」で解説をしていますので確認して下さい。


中国輸入ビジネスを始めるにおいて最初はどういった商品やジャンルからリサーチしたら良いか考えると思います。
取り扱える商品はたくさんあるのでまずは自身の趣味や身近なものからヒントを得てリサーチすると取り掛かりやすいです。

中国輸入ビジネスは基本的に商品単価の高くないものを扱うことが多いので3000円をひとつの目安に行うといいです。商品価格帯や取扱商品について「中国輸入ビジネスは趣味をビジネスにする」にてお伝えしています。
 

中国輸入ビジネスにおけるヤフオクについても説明しておきます。
中国輸入ビジネスは基本的にAmazonでの販売がメインになりますが、取扱商品や取り扱い数などによってはヤフオクで販売して効率よくお金を稼ぐことができます。

ヤフオクの場合、Amazonと比べると出品作業や販売後の取引が煩雑であったりしますが、一番のメリットとして販売手数料がAmazonよりも低いことです。Amazonでは販売手数料以外にFBAの倉庫保管料や発送料、大口出品の月額料金などがかかりますが、ヤフオクの場合は落札時の販売手数料(販売価格の5.25%)のみしかかかりませんん。

また在庫処分をする際にはヤフオクにも出品することで1円スタートなどもできるので早く商品を販売することが出来ます。


世の中にはお金を稼ぐ方法が色々あります。

インターネットを活用したお金を稼ぐ方法として有名な中国輸入ビジネスとせどりを比較すると、色々とお金の稼ぎ方の違いがわかります。

せどりもお金を稼げる方法の一つですが基本的には実店舗への仕入れが重要になります。
オンラインのみでの国内仕入れも出来ますが利益の高い商品を見つけることやお金を稼ぐ額を増やすためには実店舗での仕入れがせどりの場合は重要になります。

中国輸入ビジネスの場合はインターネット上だけで完結させることが出来るのも大きなメリットです。

 

輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法として中国輸入ビジネスと欧米輸入ビジネスがあります。

欧米輸入ビジネスの場合はブランド品やメーカー品を日本に輸入してお金を稼ぐ方法です。
ブランド品やメーカー品を輸入するので販売価格は中国輸入ビジネスに比べて高いです。

また中国輸入ビジネスの場合は利益率が50%を超えることが多々ありますが、欧米輸入ビジネスの場合はそこまでの利益率はなかなか出せません。

資金面でも欧米輸入ビジネスのほうが必要な場合が多いです。
欧米輸入ビジネスのメリットはメーカー品であるため商品価値が保証されているので販売や商品リサーチが行い易いというのがあります。また仕入れの際の決済にPayPalを使うことが多い点や物流のインフラなども整っているので人それぞれですが取り組みやすいというのがあります。



中国輸入ビジネスではebayを使うことがありません。ebayとは世界最大規模のオークションサイトです。

日本のヤフオクを世界規模にしたサイトです。欧米輸入ビジネスではebayを仕入元にしてお金を稼ぐ方法がありますが、中国輸入ビジネスではタオバオなどから仕入れるのでebayを利用しません。

 

中国輸入ビジネスでは相乗り出品と新規出品というそれぞれお金の稼ぐ方法があります。
相乗り出品はすでにAmazonに出品されている中国製品で売れているものを見つけてそれをタオバオなどから探し出し販売する方法です。

メリットとしてはすでに売れている商品を仕入れるので売れ残りの心配があまりありません。デメリットはすでに競合がいてこれからも競合が増える可能性があるので価格競争になります。そのため利益が出ているうちに早く売り切ることが重要になってきます。


中国輸入ビジネスでいう新規出品というお金の稼ぎ方はまだAmazonに出ていない商品をアマゾンで販売してお金を稼ぐ方法です。
この方法は売れると見込んで仕入れるお金の稼ぎ方なので万が一売れなかった場合は在庫処分をするのに時間がかかるなど難しくなります。

しかし新規出品は競合が最初はいませんので独占的にお金を稼ぐことも出来ます。

完全なオリジナル商品であれば競合が入ってくることはないので長期的にお金を稼ぐことも出来ます。
新規出品も相乗り出品もそれぞれにメリットがあるので経験や資金等に応じて取り組むと効率よくお金を稼ぐことが出来ます。
詳しくは「中国輸入ビジネスにおける新規出品について」で説明しているので確認して下さい。


中国輸入ビジネスでのOEMとはタオバオなどサイトから仕入れてAmazonで販売する方法とは異なり、中国の工場で商品を作ってもらってAmazonで販売してお金を稼ぐ方法です。
OEMとは完全なオリジナル商品とは違い既成の商品に独自のロゴを付けてもらうなどして対応した商品のことです。

メリットとしてはOEM商品を新規商品として出品させることができるので競合との差別化が出来ます。デメリットとしてはある程度の発注数が必要なので売れなかった場合は不良在庫になるリスクがあります。そのためまずはタオバオからの仕入れで相乗り出品をしていき売れる商品の見極めが充分にできるようになってから、OEMに進むのがリスク少なく中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法になります。
 


中国輸入ビジネスはインターネット上のみでもお金を稼げる方法です。それと同時に中国現地での買い付けや商品開発が出来るようになるとより中国輸入ビジネスを拡大していけます。

義烏(イーウー)とは中国からの輸出の60%以上を占めている経済特区で、義烏(イーウー)にてOEM商品を依頼し日本で販売することでお金を稼ぐことが出来ます。
義烏(イーウー)を活用しする場合は1商品の取り扱いロット数が多いことや現地での交渉で中国語が必要であること渡航費用がかかることなどがあります。

そのためまずはインターネット上のみで中国輸入ビジネスを行い、経験を積んでから義烏(イーウー)を活用した中国輸入ビジネスに取り組んでいくのがセオリーです。



中国輸入ビジネスには取り組む際の難易度があります。
未経験の方でも取り組んでいきやすのは相乗り出品と新規出品です。

相乗り出品はすでにAmazonで売れている商品をタオバオなどで見つけ出し販売する方法です。新規出品はAmazon内で売れる商品をタオバオなどから仕入れて新規に登録してお金を稼ぐ方法です。


相乗り出品や新規出品で利益を得られるようになればAmazonや国内で売れる中国商品がわかってくるのでOEM商品に挑戦すると利益を効率よく増やすことが出来ます。

また義烏(イーウー)など現地に出向いて商品開発をしたり仕入れを行うようになると資金や一定の在庫を抱えるなどのハードルは上がりますが、より大きく中国輸入ビジネスでお金を稼ぐことが出来るようになります。
 

中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法 各種登録について


中国輸入ビジネスを実践していくにおいての必要なサイトへの登録についてお伝え致します。

中国輸入ビジネスではAmazonを主に活用して販売をします。
こちらで中国輸入ビジネスAmazonへの登録についてお伝えしていますので確認して下さい。

また中国輸入ビジネスではFBAを活用したほうがお金を稼ぎやすいです。
中国輸入ビジネスFBAへの登録についても確認して下さい。

 

中国輸入ビジネスの仕入元はインターネット上では主にタオバオやアリババになります。


中国輸入ビジネスにおいてモノレートはとても活用できます。
中国輸入ビジネでのスモノレートへの登録手続きはありません。使い方について確認して下さい。

 

国内で販売されている商品のあらゆるデータを知ることができるので、プレミアム会員になっておくといいです。


AliExpress(アリエクスプレス)は中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ際に便利なサイトです。
決済方法も便利であったり表記も英語なので中国語表記に比べるとわかりやすいです。
中国輸入ビジネスにおけるAliExpressへの登録についてもこちらで確認ができます。

 

中国輸入ビジネスにおける輸入代行業者について


中国輸入ビジネスでは輸入代行業者を使ってお金を稼ぐビジネスモデルです。
メリットとして中国人との交渉をしてくれたり不良品の事前チェックをしてくれます。


中国輸入の代行業者は複数ありますのでそれらを比較検討して決めていきます。このサイトではいくつかの輸入代行業者をお伝え致しますので利用する際の参考にしてください。

中国輸入ビジネスではいくつかのリサーチ方法がありますが、そのなかでも取り組みやすのがモノレートを活用したリサーチ方法です。

モノレートの活用方法はまずAmazonで売れている商品を抽出し、そのなかでタオバオから仕入れられて利益の出るものを見つけ出します。モノレートのリサーチ方法はシンプルなため競合が生まれやすいので出品者数の少ないものを選ぶのがポイントです。


また中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法はノーブランド商品を扱う方法です。
Amazon内でノーブランド商品かつFBA出品の商品は中国商品である可能性が高いです。モノレートを使ってリサーチする際の参考にしてください。

モノレートを活用して中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法の詳細は「中国輸入ビジネスモノレートで商品リサーチ」にてお伝えしています。ぜひ確認して下さい。


中国輸入ビジネスのコツについては後半(リサーチと仕入れのコツ、利益を出す出品方法)もありますので、具体的な仕入れ先や出品ノウハウについて知りたい場合は続きをご覧ください。

⇒ 中国輸入ビジネスのコツまとめ(後編)リサーチと仕入れのコツ、利益を出す出品方法を解説!


【そのほかの副業まとめ記事】

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)



Twitterでも情報を配信中!