売れ筋商品を把握し、自信を持って販売しても、在庫を抱えることや、 一カ月に数個しか売れないで利益につながらないこともあります。

ここで大事なのは、売れ筋商品を把握して取り揃えた商品の中から、 本当に売れる商品だけを仕入れると言うことです。
どうすれば売れる商品を仕入れることができるのか、 Amazonを販売の場とするネットならではの方法などについて見ていきましょう。

売れている商品を軸とする

商品の仕入れにAmazonなどのネットを利用する場合、 よく売れる商品を仕入れることは当然のことです。

ですが、よく売れる商品で、海外のAmazonとの価格差が大きいもの、 つまりAmazon輸出ビジネスでお金を稼ぐには最適の商品を見つけたら、 まずその商品の「関連商品」を探ってみましょう。
売れ筋商品の「関連商品」とは、次の3つがあげられます。

  1. 商品ページ半ばの 「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」 に表示された商品 
  2. 商品名に含まれている「キーワード」で検索した商品 
  3. 商品のメーカーで検索 

この3つの「関連商品」を詳しく調べていくなら、 軸となる「売れている商品」よりも売れている商品や、 「売れている商品」と同程度に人気のある商品などが分かり、 今、どの商品を仕入れるべきなのかが具体的に見えてきます。

このように「売れている商品」から「仕入れるべき商品」を探すなら、 大抵同一の業者から仕入れることができますので、 交渉次第で「仕入れ価格の値下げ」や「仕入れ運賃の値下げ」が 実現することもあります。

仕入れる量に注目する

商品はコンスタントに売れているのに、利益が思うほど伸びない人がいます。
そのような場合に、一番初めに考えられる理由は、 「仕入れの量が少なすぎる」ことです。

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐには、 このような状態にならないように最大限注意する必要があります。
コンスタントに売れているからと言って、 一度にたくさん仕入れてしまうのは、非常にリスクが高いと考えられます。

ですが、いつまでも「少量仕入れ」⇒「少量販売」を繰り返していても ビジネスは大きく成長できません。

コンスタントに商品が売れていると言うのは、 今、まさにその商品の「売り時」なのです。
そのせっかくの「売り時」にリスクを恐れ、少量のみ仕入れているならば、 実際に資金が溜まって大量に仕入れようかと考えた時には、 すでに「売り時」は過ぎてしまっているのです。

「良い商品」と「売り時」が重なったと感じられたら、 思い切って大量に仕入れて、チャンスを逃さないようにしましょう。
リスクを負うことで、ビジネスは新たな段階に進むことができるのです。

もちろん、支払える以上の額のリスクを負うことは避けるべきですが、 最大限のチャンスを活かすためにも、「投入できる資金」は投入しましょう。

「売れ筋商品」と「売れる商品」の違い

売れ筋商品としてすでにAmazonのランキングの常連となっている商品は、 確かにすぐに売れる商品ではありますが、 同時に競合業者が多い商品でもあります。
他の販売者と差を付けるためには、 Amazon独自のシステムである「FBA」に登録して最優先で販売してもらうか、 同じ商品の中で最低価格に設定するかの対策が必要です。

豊富な資金力がある場合は、大量に購入することで単価を安くし、 「最低価格」で販売することもできますが、 個人でAmazon輸出ビジネスでお金を稼ごうとしている場合には、 なかなか難しいことでもあります。

その場合、いくら「売れ筋商品」を見つけたとしても、 「売れる商品」とはならなくなってしまうのです。

1,000円のAという商品が爆発的にヒットしていたとします。
Aは間違いなく「売れ筋商品」です。

ですが、Aを仕入れて1,500円で売ろうとしても、 だれもAを買ってはくれないでしょう。
Aは「売れ筋商品」ではありますが、1,500円で「売れる商品」ではないのです。

「売れ筋商品」を最安値で売ることが難しいと判断した場合は、 競合業者がいない別の「売れ筋商品」を探すか、 購入者のニーズを上手に捉え、 新しい「売れる商品」を開拓するしかありません。

「売れ筋商品」を探すことから、 本当に「売れる商品」を仕入れることに結びつけてこそ、 Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐことが実現するのです。

リバース輸出

日本に輸入された商品を、再度輸出する 「リバース輸出」について見てみましょう。

商品自体は「外国」⇒「日本」⇒「外国」と往復しているので、 普通に考えたら、送料だけがかさんで利益が生じにくいと考えられます。

ですが、
  • 原産国となる海外で新しいモデルが販売されたため、本国にはもう旧モデルがない 
  • 原産国で非常に人気があったため、海外に輸出した分しか在庫がない 原産国で人気が出ずに、赤字を覚悟で全て売り切ろうとしている 

このような場合には、原産国より輸出された国において 商品が豊富にあったり、価格が安くなったりするのです。

この場合は、「リバース輸出」をして、 人気がありすぎてもしくは人気がなさ過ぎて 国内在庫がなくなってしまった商品を、 それでも「欲しい」と思う原産国の消費者に提供するのです。

上手に消費者の需要とタイミングが合えば、 商品一つ当たりの利益率も大きくなり、 相当数の利益を見込むこともできますが、 ただこの「一時的な価格の逆転現象」は 長く続かないと言うことを念頭に入れておくことが大事です。
メーカー側が「一時的な価格の逆転現象」が起こっていることに気付くなら、 その現象を解消するために、「生産」⇒「本国での流通」を図るからです。

もし「リバース輸出」ができる商品に出会ったら、 できるかぎり早く行動して、チャンスをフルに活用するようにしましょう。

海外せどり

「リバース輸出」をさらに発展させた販売方法が「海外せどり」です。
「リバース輸出」は、海外で販売された商品の価格が、 輸出先である日本での価格より高くなっていることを利用して、 本国より安い日本で購入し、原産国で販売する手法です。

「海外せどり」は、さらに一歩進んで、 本国より安く日本で販売できる業者が、 本国で仕入れた卸売業者から仕入れます。
その卸売業者を突き止め、 その卸売業者から本国のAmazonのFBAに発送すれば 「外国と日本を往復する送料」と「日本で販売する予定だった業者の利益」 の二つが削減できますので、さらに安く仕入れることが可能になります。

まずは「リバース輸出」できる商品をリサーチすることが先決です。
そして、その卸売業者を突き止めることができたら「海外せどり」に 切り替えます。 初めから狙っていくと、難しい手法ではありますが、 リサーチを行っていく上で、偶然見つけることができた場合は、 チャンスを存分に活かせるようにしましょう。

ライバルが少ない商品を仕入れる

いくら人気の「売れ筋商品」でも、 仕入価格と販売価格に差が出ないような商品や、 すでに安くで販売しているライバル業者が多い商品は、 同じ土俵に立って利益を上げることは至難の業でしょう。

初めてAmazon輸出ビジネスによってお金を稼ごうとする場合は、 なるべくライバル業者が少ない商品を選ぶことが良いでしょう。
ライバル業者が多いと、販売価格を最低に設定しても、 すぐにそれを下回る価格で販売を行う業者が現れたり、 より魅力的な付加価値を備えてくる業者も出てきます。

Amazon輸出ビジネスで成功するかのカギのほとんどは、 「売れる商品を仕入れる」ことにかかっています。
「売れる商品」を「利益が出る価格」で「大量に売る」ことが お金を稼ぐ基本でもあり、究極形でもあるのです。

商品を見つけるヒント

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐことができるかは、 「商品」にかかっていると言っても過言ではありません。
どのような「商品」を販売することができるのか、 商品リサーチと商品選択のヒントを見て行きましょう。

大抵の出品者は、ネットを活用して商品を探します。
もちろん、ネットをリサーチすることで 「売れる商品」を見つけることはできますが、 競合業者が多い、つまりライバル出品者が多い商品になる恐れがあります。

特にグーグルなどの検索サービスで上位に表示されるのは、 すでに「楽天市場」や「ヤフーショッピング」などで販売されており 多くの消費者の目にとまった商品である可能性が高いです。

ですから、「すでに売れている商品」を見つけてしまいやすい 検索サービスを活用せずに、 実店舗や雑誌などから得た情報による「売れる商品像」をイメージし、 自分が連想するキーワードなどから、商品を検索して行くなら、 ライバルとなる出品者が少なく、 「まだ売れていない商品(これから売れる可能性がある商品)」を 見つけることができるでしょう。

「実店舗などの実地調査」⇒「ネットでの商品検索」という流れですので、 時間もかかり、手間も非常にかかってしまう方法です。

また、「まだ売れていない商品」ですので、仕入れて販売したとしても すぐに爆発的なヒットになることはあまりないでしょう。

ですが、長期的な目で見た場合、ライバルがいないことで 多くの利益を期待することもできるのです。
このように売れるまでに時間がかかりそうな商品を発掘する場合には、 全ての出品する商品の中の1~2割程度にとどめておきましょう。

確実に利益を生み出す商品と合わせて販売することで、 次のヒットにつながる可能性も高くなり、 Amazon輸出ビジネスにおいて確実な利益を得る手段にもなるのです。

Amazonでは、商品ページから、出品者が扱う他の商品を見ることができます。
同時によく売れる商品も扱うことで、 発掘した新商品の露出を増やすこともできるのです。

商品探しのヒントのまとめ

実店舗や雑誌などから、独自の感性で売れる商品像をイメージする イメージに合う商品を、ネットなどを活用して検索する 取り扱う商品数の1割~2割程度で、新商品を販売(もしくは無在庫販売)する よく売れる商品も同時に扱うことで、新商品の露出を増やす

初めて輸出する場合の注意点

初めて商品を仕入れる時は、 「本当にこの商品を購入したい人がいるのだろうか」と 不安になることもあるでしょう。
そのような場合は、まず「売れている実績がある商品」から Amazon輸出ビジネスを始めて行くこともオススメです。

いきなり出品者のセンスや感性、トレンド把握能力を試すのではなく まずは実績のある商品から着手し、 お金を稼いでから、実力を試すことが着実な方法です。

アメリカのAmazonを舞台に輸出ビジネスを展開して行くなら、 Amazonと並んで、 アメリカを代表するネットショッピングモールであるeBayで、 すでに売れている実績があり、 なおかつAmazonでは扱っていない商品を探します。
そのような商品は、Amazonで販売しても競合出品者がいないので 売れる商品となる可能性も非常に高いと言えるでしょう。

また、Amazonですでに人気がある商品やカテゴリの中の まだ売っていない商品や新商品を販売することもオススメです。
初めてAmazon輸出ビジネスを行う場合には、 リスクを最小限にしつつも、ライバル業者がいない分野が最適です。

「とにかくビジネスを始めて見る」のではなく、 「売れる商品が見つかったのでビジネスを始める」というスタンスが お金を稼ぐ手段としての輸出ビジネスに成り得るのです。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ