Amazonユーザーが注文を行うと、 いよいよ輸出ビジネスの最も重要な部分が始まります。 いかに素早く、そして正確に注文に応えるかに、 ビジネスの成功がかかっているのです。 FBAに登録している商品の場合は、注文に応えることも発送することも 全てAmazonが代行してくれますが、 在庫を持ってもしくは無在庫で販売する場合には、 出品者が全て対応する必要があります。 注文が来てからスムーズに対応ができるように、 流れとすべきことを把握しておきましょう。

無在庫販売の注文対応

在庫を持たずに出品・販売を行う場合、 注文が来たらまず、商品を確保することから始めなくてはなりません。

商品を仕入れる

注文を受けた商品を仕入れます。 すぐに対応できるように、仕入れ先や取引業者はいくつか決めておきましょう。 商品を仕入れたら、できるだけ即日に購入者に発送するように心がけます。

発送する小包を作成する

Amazonのセラーセントラルの「注文」の欄から、 納品書をプリントアウトして、商品の包みの中に入れて発送します。 この際、出品者に到着した「出品者宛の領収書」や「出品者宛の納品書」は しっかりと抜き取っておくようにしましょう。 梱包材などは仕入れ先から届いたものを再利用すればよいですが、 不要に重くなるようなものは省いて軽量化に努めましょう。 発送する小包に貼り付ける「伝票とインボイス」は、 手書きすることもできますが、 「国際郵便マイページサービス」(http://www.int-mypage.post.japanpost.jp) を利用すれば、簡単に自宅で作成することができます。 伝票とインボイスを小包に貼ったか、 小包の中に商品とAmazonの納品書、 お礼などを書いたメッセージカードを入れたか、 商品は破損しないように丁寧に包んだかを必ず確認しましょう。

購入者に通知する

商品を発送したら、セラーセントラルから購入者宛に発送通知を送ります。 発送通知の際に追跡番号(tracking ID)がある場合は、必ず入力します。 発送日、発送会社(Japan Post)、発送方法も忘れずに入力しましょう。

出品者を経由しない販売の注文対応

商品を倉庫から、もしくは仕入れ先から 直接、購入者に発送する場合を見ていきましょう。

発送代行業者を利用する場合

日本の発送代行業者もしくは個人事業者、 あるいは、購入者の住む国の発送代行業者もしくは個人事業者に 依頼することができます。 この場合の発送代行業者もしくは個人事業者を、 ここでは「中継業者」と呼ぶことにします。 この場合の注文受諾後の流れは、次のようになります。 1.仕入れ先に、中継業者に商品を送るように指示します。 2.中継業者に、「発送指示書」をファックスもしくはメールで送ります。 発送指示書には「購入者情報」「商品の情報」「発送元」を明記します。 3.中継業者は発送を完了したら、出品者に「発送方法」「追跡番号」を知らせます。 4.出品者は発送の情報を購入者に知らせ、「発送通知」を完了します。

仕入れ先から直接購入者に発送する場合

仕入れ先に発送の代行も依頼できる場合は、 手間が一つ省け、よりスピーディーな発送が可能になります。 この場合の注文受諾後の流れは、次のようになります。 1.仕入れ先に「発送指示書」をファックスもしくはメールで送ります。 発送指示書には「購入者情報」「商品の情報」「発送元」を明記します。 2.仕入れ先は発送を完了したら、出品者に「発送方法」「追跡番号」を知らせます。 3.出品者は発送の情報を購入者に知らせ、「発送通知」を完了します。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ