Amazon輸入ビジネスをご存知ですか?

簡単に言えば、 「海外のAmazonで商品を仕入れて、国内のAmazonで売る」というビジネスです。

日本と海外のAmazonで大きな価格差のある商品を探してそれを購入し、 日本で転売して差益を得る、 いわゆる「せどり」をAmazonでやろうというわけです。

Amazon輸入ビジネスのハードルが低い理由

本格的な輸入ビジネスには、 貿易業務に関する膨大な知識が必要です。 さまざまな法律などの知識も必要になります。 ですが、Amazon輸入ビジネスは、 Amazonの規約に従っていれば大きな問題は発生しません。 「海外のAmazonから品物を購入するなんて、 英語がわからないから無理!」という人もいると思いますが、 これもあまり悩まなくて大丈夫。 なぜなら、 Amazonの画面は、ほとんど全世界共通なので、日本のAmazonで買い物をしたことがあるなら、特に違和感なく海外のAmazonでも買い物ができる。 Amazon輸入ビジネスで使用する程度の英語なら、ネット上の翻訳サービス(Google翻訳やYahoo! 翻訳など)で十分に理解できる。 というものだからです。 さらに、クレジットカードの締め日と支払日との期間を上手に利用すれば、 手元にまとまった資金がなくてもすぐに取り組むことができます。 これも大きな魅力の一つです。

Amazon輸入ビジネス、まずはやってみよう!

もちろん、どれだけ利益を上げられるかについては個人差があります。 天からお金が降ってくるようなものでも、 枝にお金が成るような樹でもありませんから、 それなりの努力は必要です。 慣れるまではやはり試行錯誤はあるでしょうし、 「商材」となるものを探すには、労力をかけなければなりません。 また、利益を上げるためには、 情報や商品知識を学ぶことも大切でしょう。 時には、英語の辞書を何度か引かなければならないかもしれません。 しかし、 「面白そうだから、とりあえずやってみよう!」と考える人にとっては、 ハードルが低いビジネスであることは確かです。 ですから、いまたいへん人気のある副業の一つとなっています。 セミナーなども盛んに開かれていて、情報も豊富です。

円安は関係ない

「でも最近は円安が進んでいるから、 輸入ビジネスでは収益が出ないのでは? 」と 心配になっている人もあるかもしれませんね。 しかし、あなた一人が円安の状態にあるわけではありません。 輸入ビジネスをしている人たちすべてが円安の状態にあるわけですから、 当然、輸入品の価格は、総じて上昇します。 つまり、ほかのAmazon輸入ビジネスを行う出品者も、 同じように円安のデメリットを抱えているわけですから、 輸入にかかる経費は価格に転嫁せざるを得ないというわけです。 結果として、商品の価格は同じレベルとなり、 その価格で競合することになります。 円安や円高が問題なのではなく、 「売れる商材を見つけることができるかどうか」が問題なのです。 いかがでしょうか。 「ちょっと、やってみようかな」と思ったのなら、 まずはチャレンジあるのみです。 今日からさっそく、Amazon輸入ビジネスの扉を開いてみましょう。