Amazon輸出ビジネスでは、「Japan」を強調することで 大きな集客と利益につなげることができます。
どのように「Japan」を活用することができるのか、見ていきましょう。

「Made in Japan」を活用する

現在では「メイド・イン・ジャパン」であることが一つのブランドになっています。
海外から日本への観光客が大きく増加していますが、 彼らは一様に「メイド・イン・ジャパン」の商品をお土産に探しています。

「メイド・イン・ジャパン」への認識の変化と、 どのようにAmazon輸出ビジネスに活かしてお金を稼げるのかを見ていきましょう。

アジアの一国から、世界の中の日本へ

ヨーロッパやアメリカから見た日本は、 つい最近までは「アジアの一つの国」程度の認識でした。
現在の日本人にとって、よほどアフリカに詳しい人でもない限りアフリカの一つ一つの国の違いが分からないのと同じです。

ですが、1990年代に入り日本の影響力が増していき世界第2位の経済力を持つようになると、 「アジアの一国」ではなく独立国家としての「日本」として 認識する人も増えてきました。

「日本製は良い」から「良い製品は日本の製品」へ

乗用車や電気製品などの日本の製品が海外に輸出され、 「メイド・イン・ジャパン」の製品は品質が確かだということが理解されると 「メイド・イン・ジャパン」と書かれているだけで、 安心できる製品と考える人も増えてきました。

そして、「メイド・イン・ジャパン」の製品を選んで買う人や、 良い商品を発見すると「メイド・イン・ジャパン」では?と考える人まで出てくるようになりました。

「Made in Japan」を求める外国人とその対応

空港やお土産物売り場でも、そのようなニーズに応え、 外国人観光客にもよくわかるように「Made in Japan」の製品を集めた コーナーを設置しています。
例えば、家電や化粧品なども、有名メーカーの商品よりも、 「メイド・イン・ジャパン」であることを強調した商品の方が 外国人観光客には売り上げが良いのです。

セラー(販売主)側もその点を理解しており、 「メイド・イン・ジャパン」であることを分かりやすく表示しているのです。

「Made in Japan」ブランドでお金を稼ぐ

日本製の商品を海外に売る「Amazon輸出ビジネス」でお金を稼ぐには、 「メイド・イン・ジャパン」であることを強調した商品説明文を書くことが 売上増のポイントになります。
外国のバイヤー(購入者)たちから評価されるポイントを持つ商品を 効果的に販売するためにも、しっかりとメリットを強調しましょう。

「Produced by Japan」を活用する

日本らしさがあふれる商品であっても、日本製でない商品も多いです。 そのような場合は、「Produced by Japan(日本で企画された商品)」 であることを強調することができます。 「Produced by Japan」の魅力と活用方法を見ていきましょう。

「Produced by Japan」とは何でしょうか?

「Produced by Japan」とは日本で企画され、日本で品質管理を行う商品です。
例えば世界的企業になったユニクロも、 日本の企業と言うことは世界中から認識されていますが、 日本製の商品は非常に少なく、ほとんどが海外の工場で生産されています。
それでも、企画や品質管理は日本で行っているので、 「Japan」の商品であると認識されているのです。

商品に「Japan」の表示がない場合

日本で企画され、日本で品質管理は行っているけれども 工場が外国にある場合は、商品には「Japan」という表示はされません。
ですが、日本で生産以外の全てを行っていることを主張するなら、 外国のバイヤーたちも、「Japanese product(日本の製品)」と認識してくれるのです。
積極的にAmazonの商品説明文に「Japan」を含めていくことで、 お金を稼ぐことができる商品へと作り上げていきましょう。

外国人がイメージする「Japan」を知る

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ舞台となる本家のAmazonで、 「Japan」もしくは「Japan import」などをキーワードとして検索すると 外国人がイメージする「Japan」の商品が表示されます。 外国のユーザーが購入したい商品にはどのようなものがあるでしょうか。

アニメなどのカルチャー系

「Manga」が世界共通語としての認知度を高めているように、 日本のアニメ文化、マンガ文化を好む外国人も多いです。
マンガ本だけでなく、フィギュアやレア商品、関連グッズなども 世界中のファンたちから需要の多い商品です。
海外で発売されることの少ない限定品などのアイテムなら、 そのレア度を強調することで、より注目を集めることもできます。

ゲームなどのエンターテイメント系

日本のソニーや任天堂が作るゲーム機器やゲームソフトも 海外で人気の商品です。 ゲーム機器の本体の色が海外仕様と異なることもあり、 ゲームのマニアなどからも羨望される商品となっています。

電子機器

電子機器は日本製が世界で最高と考えるユーザーも多く、 時計やゲーム機、ブレッドメーカーなども非常に人気です。
特にアメリカでは日本の電子機器を変圧器なしで使用できますので、 手軽に輸入したいと考える人が多いようです。

現在、日本の電子機器の多くは海外の工場で生産されています。 あとでクレームや返品などの問題が起こらないように、 日本製である商品を選択して販売するか、 ソニーやパナソニックなどの有名企業の商品を選択して 「Produced by Japan」であることを強調するようにしましょう。

カメラや文具

日本のカメラや文具も海外で抜群の信頼度と人気を誇ります。
カメラだけでなくカメラケースやレンズ、 ストラップなどの関連商品も、常に一定の需要数があります。

カメラにこだわる海外ユーザーは細かい質問をしてくる場合もありますので、 販売する際には、ある程度の知識があるほうが良いでしょう。
また、文具は重量が軽いのでAmazon輸出に適している商品とも言えます。

日本ならではの発想と機能性の高い商品を 上手に説明することで、着実な売り上げに結び付けることができます。
単価が安いので、複数まとめて売ったり、FBAを上手に活用することが Amazon輸出で効率よくお金を稼ぐコツとも言えます。

その他

日本の化粧品や美容グッズ、ドラッグストアで人気の商品も 海外でも人気の商品であることが多いです。
日本ならではの細やかさを生かした商品を、 上手に紹介することがAmazon輸出でお金を稼ぐことにつながります。

また、日本のお菓子やインスタント食品なども人気です。
生の食品などはトラブルの原因になることもありますので、 なるべく日持ちのする商品を扱うようにしましょう。



Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ