ANNICK-GOUTAL2


ブログを作ったら誰しも「せめて1ページ目に表示されたい」と考えるはずです。

そしてそのためには、「ひたすらコンテンツを増やす」というだけよりも、コンテンツ記事そのものをサーチコンソールなどで分析し改善していく必要があります。

ライバルと比較して、相対的にどうとかもあるでしょう。
ライバルと比較して、何が足りていて、何が足りない?とかもあるでしょう。

しかし、そもそも、どこから手をつけたら良いのか?
・・・・と悩む人も多いはずです。


では、どうすれば良いのか?


どこから手をつけたら良い?

これって、勘と経験に頼らないことが大事です。
言い換えれば、初心者でもベテランを凌駕してしまうそのコツがここに隠されています。


つまり、初心者であっても「負けないSEO」を考える必要があります。
「せめて1ページ目に表示されたい」という理想があっても、現実には難しい。

では、どうすれば良いのか?
ズバリ!その答えは、Googleが教えてくれています。


「おいおい、Googleが教えてくれるって、簡単に言うなよ。」
「そもそもGoogleのアルゴリズムロジックだけでも200はあるんだぜ?知らないのか?」

と、あなたは思うかもしれません。


初心者であっても「負けないSEO」とは?


もちろん、新規や中古ドメインを取得し、半年、一年をかけ「確実に」順位を上げていく方もいます。
でも、そこには少なからず、理想と現実とのギャップが出てきます。

確実に順位を上げていく方もいる反面、まったく順位が上げられなかったり、順位は上がったものの一向に成約につながらない。

結果、違う商材に変えていったりとか、「ターゲットキーワード」を変えてみたり、あるいは、SEOからPPCに変えてみたりとか・・


「せめて1ページ目に表示されたい」← 理想
「せめて月30本は売りたい」← 理想
「まだ70位くらいをウロウロしている」← 現実
「まだ1本も売れない」← 現実

繰り返しますが、そこには理想と現実とのギャップが出てきます。


そこで、「負けないSEO」に取り組むことが重要になってきます。

「負けるSEO」とは、ご自身のサイト状況とGoogle対策が正しく把握できてないことであり、「負けないSEO」とは、その逆です。


例えば、あなたの狙う「ターゲットキーワード」で、上位に来ているサイトは、なぜ、上位に来ているのでしょうか?
例えば、あなたのサイトは、なぜ、上位に来ていないのでしょうか?

これを把握できなければ、「負けないSEO」は、到底、理解できないことになります。


2018年以降SEOの新しい闘い方(その1)


繰り返しますが、
  • 勘と経験に頼らないこと
  • 理想と現実のギャップを埋める
これが重要です。

初心者でもベテランを凌駕してしまうそのコツ。

具体的には、

・答えを見てから施策を講じること

結論から言えば、こうなります。


では、答えを見てから施策を講じるとは、具体的にはどういうことでしょうか?
それは、「検索結果が全てを教えてくれる」ということです。

勘の良い方はもうお分かりになったかと思います。


Google(=Yahoo!) の検索結果が全てを教えてくれる。
= Google(Yahoo!) が評価しているのが上位サイト

ということです。


これらの中には、

  • ターゲットキーワード
  • ハブとなる重要なテーマ
  • コンテンツや記事量
  • 共起語
  • 構成
  • ユーザビリティ
  • スマホ対応
  • 根拠
などなど沢山の評価項目があります。


YMYLの問題が起こってから、急激に収益を減らしたという方も多いと聞きます。
アフィリエイトそのものをやめてしまったという方もいるとも聞きます。
とても残念に思います。

アフィリエイターさんは、たくさんの知識やスキルをお持ちなので、本当にもったいないなぁーと思ったりもしています。

私がこれまでに培ったノウハウやGoogleやFB社員から聞いたり、私どもが知り得る情報、特に、2018年以降のアフィリエイターの勝ち方などは、引き続きこのブログでシェアしていきます。

ぜひ、お役立てください。



P.S

効率良く稼ぐために、外注を使ったり、ツールで手作業を省くことは、もはや常識ですが、多くのアフィリエイター(特にSEO)は、どうもそこに投資出来ない方が多いのも事実です。
月100万以上稼がれているような方でも。。。

確かにまだまだ稼げてない方なら、外注費や広告費にお金を使うことは毎月の負担が重いと思われるかもしれません。
でも、時間は貴重です。

もし、上記のような上位20-30位ほどの分析作業をすべて手作業でやれば、それだけでも1週間以上掛かります。
その時間があれば、サイト作成や外注管理、コピーライティングに回す事が可能になりますし。

でも、上位表示されるためには、避けては通れない作業。
それが上位サイトの定点観測であり、必須の分析作業なのです。

勘と経験に頼っていては、なかなか理想と現実のギャップを埋めることは難しいでしょう。

また犯しがちな過ちであるのが、ユニークなターゲットキーワードや構成です。

つまり、他の上位サイトにはない「ユニークなもので抜きん出ること」を考えてしまう事です。
解析ソフトの導入を前向きに考え、ROIを改善し、生産性を上げること。
2018年以降の勝ち方のひとつの考え方かと思います。


PP.S

もはや、これらのツールがなければ、コンテンツSEOでは戦えません。
繰り返しになりますが、勘と経験に頼っていては、なかなか理想と現実のギャップを埋めることは難しいのです。

稼がれている多くの法人個人は、例えば、以下のようなツールを使っています。


キーワードスカウターS(月額35,000円以上)


※これらは、機能の割にリーズナブルなので、先行で入手し、当ブログでも使っています。


【SEOの関連記事】
サイトアフィリエイトの被リンク対策(SEO)と更新頻度のコツ