Amazon輸出ビジネスで効率よくお金を稼ぐためには、 商品仕入れ時と発送時にかかる送料を最小限にすることが必要です。 それぞれにおいて、どのように設定することができるか、 そして送料を最小限にする工夫について見ていきましょう。

仕入れ時の送料

商品を仕入れる際の送料を安くすることができるなら、 商品自体を安く仕入れたことと同じと言えます。 送料を安くするためには、常に送料を単体としてみるのではなく 商品価格と送料を合わせて、「本当の商品価格」と考えることが大事です。 100円の商品を500円の送料で販売する店なら、本当の商品価格は600円、 300円の商品を200円の送料で販売するなら、 本当の商品価格は500円だと考えるのです。 送料を安くするためには、まとめ買いによる送料の節約が最も効果的です。 1個購入しても10個購入しても送料が同じなら、 まよわず送料が同じになる最大限の個数を購入することで、 商品1個当たりの送料を最小限にすることができます。 仕入れ時の送料を最小限にするために、 最も不適切な商品は「送料無料」の商品です。 世の中には送料が無料のことはあり得ないのですが、 送料を商品代金に含めることで「送料無料」と謳っているのです。 商品を一つずつ購入する際には、 「送料無料」の商品はお得になることもありますが、 送料を最小限にして仕入れたい場合には、お勧めできません。 「送料無料」の商品ばかりを扱う業者など、 まとめ買いによってどの程度送料が削減できるのかが不明な場合は、 直接業者に問い合わせることで、送料に関する情報を入手できます。

輸出時の送料

Amazonでの送料の設定方法と、国際便の発送方法、 そしてアメリカのFBAや発送代行業者、個人購入者に発送する際の 送料の節約方法を見ていきましょう。

Amazonの送料設定

Amazonでは商品ごとに送料を設定せずに、一括での設定を行います。 最初に行うのは商品の配送エリアの選択です。 アメリカのAmazon の場合は、 「アメリカ本土」と「アラスカもしくはハワイ」などの遠隔地にある州、 「アジア」「カナダ」など12の地域に分かれています。 その次は商品の発送後、何日で購入者の手元に届くかを設定します。 「24時間内の発送」「2日以内の発送」「通常発送」「速達発送」の 4つから選択できますが、 日本から発送する場合は「通常発送」「速達発送」しか選べません。 これは、商品注文時に購入者が選ぶことになりますが、 購入者が「通常発送(Standard)」を選択した場合は、 SAL便や通常のエアメールで発送し、 購入者が「速達発送(Expedited)」を選択した場合は、 EMSやDHLなどの国際速達便を利用するようにします。 最後に送料の算出方法を選択します。 重さ(ポンド)当たり、商品当たり、注文当たり、 どの基準で送料を算出するかを設定します。 送料を商品価格に上乗せする「送料無料」で発送する場合は、 これらの送料設定を$0にして、 速達と普通の差額だけを請求するようにします。 いずれにしても購入者の選択によって損失が出ないように、 余裕を持った送料設定にしておくことが必要となります。

国際便の発送方法

Amazon輸出ビジネスにおいてよく用いられているのが、 SAL便・国際eパケット・EMSの配送方法です。 これらの特徴と、どのような商品において使用できるかを見ていきましょう。
SAL便(エコノミー航空便)
SAL便は、国際間の輸送は航空便で、 日本国内と到着国内では船便扱いをする輸送方法です。 飛行機の秋を利用して送られるので、 船便より早く、通常の航空便より遅く到着します。 アメリカへの平均到着期間は 10日から2週間程度を見ておくとよいでしょう。 日本からアメリカにSAL便で発送する場合は、 500gまでは580円、1000gまでなら1,080円が必要です。 包装した商品の3辺の合計が90cm以内で、 最も長い部分が60cm以下、2kg以下の場合に限り利用できます。 410円プラスすることで書留設定も可能で、 この場合は、6,000円までの保証も付随します。
国際eパケット
「国際郵便マイページ」に登録するだけで、 宛名用紙を自宅で印刷できるようになるのが「国際eパケット」です。 通常で書留扱いになりますので、 追加料金なしに6,000円までの保証が付きます。 サイズはSAL便と同じく、包装後の3辺の合計が90cm以内、 最長部分が60cm以内、重量が2kg以下となっています。 日本からアメリカに送る場合は、 500gまでは1,235円、1,000gまでなら1,985円です。 大抵の場合は、5日から8日で到着します。
EMS(国際スピード郵便)
日本からアメリカまで最速で遅れる手段がEMSです。 書留扱いですので、追加料金なしに2万円までの補償と、 2万を超えた場合は以降2万円ごとに50円の追加料金で 最高200万円までの保証を受けられます。 長さと周囲を合わせて275cm以内、最長部分が150cm以内、 重量30kgまでを送ることができます。 追跡サービスもありますので、 常に商品がどこにあるかを、リアルタイムで知ることが可能です。 日本からアメリカまでの送料は、 500g以内は1,500円、1000gまでなら2,400円となっています。 保証も大きく、配送にかかる時間も最短なので、 Amazon輸出ビジネスの際に、よく選択される発送手段ですが、 サイズ制限が非常に厳格ですので、注意するようにしましょう。 現在、日本で利用される段ボール箱のサイズで、 EMS発送に適しているのが45cm×45cm×90cmのものです。 この箱に効率よく詰められるように商品を梱包することも重要です。 というのは、EMSの送料は一箱あたりで計算しますので、 例えばアメリカに一箱で15kgの商品を送る場合の送料は19,500円ですが、 上手に商品を詰められず、5kgの箱で3箱に分けて送るとするならば、 8,200円×3となり、24,600円の送料になってしまいます。 梱包を工夫して、最大限を一箱に詰めるようにしましょう。

EMSとDHLの比較

郵便局の速達サービスである「EMS」と世界的宅配業者である「DHL」 のメリットとデメリットを比較して見ましょう。
容積重量による送料決定方法
EMSでは、重量で送料が決定されます。 長さと周囲の和が275cmならば、大きさに関係なく送料が決まります。 ですが、DHLでは、「容積重量」と「重量」の重い方で送料が決まります。 DHLの独自の考え方である「容積重量」とは、 縦と横と高さをcmで掛け合わせ、5,000で割ることで求められます。 例えば、縦が40cm、横50cm、高さ50cmの段ボール箱なら、 40×50×50÷5000=20、つまり容積重量は20kgと計算できます。 実際に5kgくらいの軽いものでも、 DHLでは「容積重量」と「重量」の重い方で送料を決定しますので、 20kg分の送料がかかってくるのです。 箱の大きさに比べ重い商品においては問題がありませんが、 箱の大きさに比べて軽い商品はDHLで送るのは損とも言えるでしょう。 箱が分かれる場合の送料決定方法 EMSでは複数の箱を発送する場合は、 一つ一つの箱に関して送料を計算し、それらを合計しますが、 DHLでは同時に同じ場所に発送する場合は、 箱全ての合計の重さに対して送料が決定します。 つまり、10kgと20kgの箱を同時に倉庫に発送する場合、 EMSでは10kgの送料と20kgの送料の二つが必要ですが、 DHLでは30kgにかかる送料だけで送ることができるのです、 いくつかの箱に分ける時は、DHLの方が安い場合もあるのです。
送料の割引について
EMSでは同時に10個以上、もしくは1カ月に50個以上利用すると 料金後納の場合は10%以上の割引をしてもらえます。 EMSは一定数量さえ発送すれば、だれでも割引が適用されますが、 DHLは個人とDHLの契約により送料の割引適用とその額が異なります。
燃料サーチャージ
どちらも航空便を活用した発送方法ですが、 EMSは燃料サーチャージは請求されませんが、 DHLは、送料とは別にサーチャージが請求されます。

国際便の送料節約術

EMSを利用するときは、まとめて発送することで、 「都度割引サービス」を利用することができます。 10個以上同時に発送する場合は10%引き、50個以上発送する場合は13%引き、 100個以上発送する場合は15%引きが適用されます。 同時に発送しなくても、月間個数でも割引サービスが受けられます。 1カ月のEMS利用個数が50個を超える場合は10%引き、 100個を超える場合は15%引き、300個を超える場合は18%引き、 500個を超える場合は20%引き、1,000個を超える場合は22%引き、 5,000個を超える場合は23%引きが適用されます。 料金を後納にした場合のみ、この「月間割引サービス」は利用できます。 また、1年間に6,000個以上をEMSで発送した実績がある場合、 開始月前の15日までに申請し、料金を後納にすることで 「年間割引サービス」も利用できます。 年間6,000個以上を発送する場合は20%引き、8,000個以上は21%引き、 10,000個以上は22%引き、15,000個以上は23%引き、 30,000個以上は24%引き、60,000個以上は25%引き、 120,000個以上は26%引きが適用されます。 国際eパケットも、割引サービスを受けられます。 10通以上同時に発送すると1通当たり40円引き、 50通以上でい通当たり50円引き、100通以上で60円引きが適用されます。 同一宛名から1カ月当たり50通以上国際eパケットを発送すると、 料金を後納にした場合は、50通以上の利用で1通当たり40円引き、 100通以上の利用で1通当たり60円引き、 300通以上の利用で1通当たり75円引き、 500通以上の利用で1通当たり80円引き、 1,000通以上の利用で1通当たり90円引き、 5,000通以上の利用で1通当たり100円引きが適用されます。 50通以上の同形の郵便物を事前に配達の区分に分けておくことで、 さらに20円の「区分割引」と、 50通以上の同県の郵便物を国際集配局別に分けておくことでの 追加の20円の「集配郵便局等差出割引」も適用されます。

FBAの倉庫に船便で納品する

個人の購入者にはなるべく早く送る必要がありますので、 船便を利用することはできませんが、 特に急ぐ必要のないFBAの倉庫への補充は、船便を活用します。 アメリカへの船便の場合は、高さと幅の和に2を掛けたものと、 長さを足した合計が200cm以内かつ長さが105cm以内である必要があります。 この大きさの段ボール箱で送付するならば、 20kgの場合は10,250円で送ることができます。 同様の重量の場合はEMSは25,000円であることを考えるなら、 2倍以上もお得に納品することができるのです。 ただし、アメリカの到着までに2カ月程度は見ておかなくてならないので、 十分な余裕を持って発送するように心がけましょう。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ