Amazon大口出品者に必須「特定商取引法に基づく表示」

Amazon輸入ビジネスにおいて、

「大口出品者」として登録した人には必ず、

「特定商取引法に基づく表示」というものが義務付けられています。

これは、Amazonに限らず、

通信販売を行う者には必ず義務付けられているものです。

通信販売は実際の商品を消費者が手にとって、

選択を決定するということができません。

ですから、どうしても消費者に不利になります。

買う側に立ってものを考えれば、

これは当たり前の話ですね。

ですから、

通信販売において、

消費者を保護し、

消費者が安心してショッピングをすることができるように

定められた法律が「特定商取引法」です。

Amazon輸入ビジネスにおいても、

これはAmazonで販売活動を行う以上必須の登録項目となりますので、

忘れずに登録するようにしましょう。

 

「特定商取引法に基づく表示」の具体的な内容

氏名

代表者、または当該表示に責任を有する担当者の氏名をここに記入します。

フルネームで表示しなければなりません。

 

名称

個人の出品者の場合は、商号・

屋号(ただし、氏名とは別に商号等がある場合に限る)を記入します。

 

主たる営業所の住所(番地およびビル名等も明記する)

基本的にオフィスなどを構えていない人は、

住所を記載することになります。

ですが、女性の場合など、

実際には「住所」を明示することには抵抗があるという場合もありますよね。

そうしたときには、

費用はかかりますが「バーチャルオフィス」などの利用を考えてみましょう。

インターネットで検索をすると、

いろいろな業者が出てきます。

サービスも業者によっていろいろ異なりますので、

よく比較して契約しましょう。

本人確認書類などの提出が必要とはなりますが、

簡単な手続きですぐに借りられるので便利です。

 

電話番号

プライベートの電話とは区別したいという場合には、

別にもう一つの番号を契約したほうがよいでしょう。

割安の料金で050発信の電話番号を契約できるサービスなどもありますし、

03発信の電話番号つきのサービスもついているバーチャルオフィスもあります。

 

古物営業許可証など(該当する場合のみ)

中古のものなどをメインに販売する場合には、

これを取得する必要があります。

19,000円の手数料がかかりますが、

地元の警察署の防犯係に届ければいいだけなので、

許可証をとること事態はそれほど難しいことではありません。

ただAmazon輸入ビジネスを行ううえではあまり必要はないでしょう。

古物商許可申請 

これらが確実に表示されていることが

販売を開始する条件となります。

とはいうものの、

実は出品用アカウントを入力した際の情報が、

こちらの表示に反映されているので、

内容を確認し、必要があれば訂正すればいいだけです。

 

編集は、セラーセントラルの右上にある「設定」ボタンから、

「情報・ポリシー」を選択します。

 

「出品者情報」を選んで編集作業を行います。

詳しくは、

セラーセントラルのヘルプ「特定商取引法に基づく表示」に

画像つきで説明がありますので、そちらを参照してください。

なお、この表示がないとAmazonから警告がくることもあるので、

後回しにせずにはじめに登録をしてしまいましょう。