ささやかですが私がこれまで実体験で学んできた「自分をどう価値のある情報に加工するかコンテンツ化するか」についての考察をまとめてみました。

当記事の目的


当記事の目的は皆様がブログでの価値を高めるお手伝いをすることです。どういうことかというと、ブログの記事やSNSで「訪問していただきありがとうございます」という投稿を目にすることがありますが、「自分の価値」とは何でしょうか?

これにはいろいろ意見がありますでしょうけども、「ブログのアクセス数」がわかりやすいですよね。でも、ブログのアクセス数はある程度の「実績」「実力」などがなければ高まりません。

現段階でブログを活用できている層は投資目的の方を除けば既に実社会で様々な活動やほかにはない経験を積んできた皆様です。ですから、価値を高める、というのは「活動実績を積み増していく」「社会を変えていく」ということでしょう。

しかし、現在「価値」がない方はどうでしょうか。プランや夢はある。これからブログで資金や人脈を作って大きく活躍したい。そう願っている心が若い人も無数にブログ運営者にはいます。でも、そういう「若い人」はあまり投資対象にはならないし誰からも相手にされないのでブログのアクセス数も上がらないのが現実ではないでしょうか。

また、実社会でどんなにいい活動をしていてもブログでは全く無名で活動資金が思ったより集まらない、という方も多いでしょう。素直なところ、「実績」があるだけではネットでの「価値」にはつながりにくい。

これらの「価値のなさ」を打破する方法はあるのでしょうか。もちろん、実績が0のまま価値を高めることは難しい。 こういう方はブログで自分を売り込みたいなら、初期はお金のかからない方法で実績を積み重ねてみましょう。ボランティアをしたりひたすらブログを書いたり・・・。時間がかかることです。

一方、すでに実績がある方にお伝えしたいことは、「実績」は見えないものであるということです。ホリエモンクラスなら別ですが、特定の分野であなたがどんなすごいことをしていてもほとんどの人はそれを知りません。ですから、実績はどんどん発信していかなければなりません。

しかし、「どう発信していけばいいのか」を考えたとき、一つ罠があります。「過去にやったこと」をずらすら書くことです。これも確かに一つの方法ですが、「退屈」です。すごさもわかりません。

そこで、ブログで価値を高めたい方におすすめなのは「自分を語る能力」を高めることです。自分を語る能力とはあとで詳しく語りますが、自分をオリジナルな経験を持つ人間だと表現することです。価値とは「普通ではないところ」に生じます。他と同じものにはあまり価値はつかないですよね。

しかし、あなたの実体験を振り返ってみてください。「あなた」だけのオリジナルな経験や実績、なにかありませんか。そんなに大きなことでなくていいのです。ちょっとしたスポーツ大会や読書感想文で優勝したとか、ほんのわずかだけど被災地のボランティアに訪れたとか。そういう経験が、今、ブログで自分を売り出すきっかけになったに違いありません。それをブログの自己紹介でもいいですし、どこかのサイトで書いたものをブログにリンクしてもいいのですが、「自分はこういう人間だ」と叫んでみませんか。あなただけの経験を「自分オリジナルの物語」として語ってみませんか。

そして、訪問者にはこう言いましょう。「その物語の先を見たくないですか。その物語の特等席をあなたに提供いたします。私の物語を手伝ってもらえませんか。」と。

ブログの価値は「実績」にある、と先ほど書きました。しかし、もう一つ大切なことがあります。「わくわく感」です。投資することでどんなおもしろいことが起きるか?それをみてみたい、という期待感は確実に存在しています。その「期待感」を呼び覚ますことができるのは「物語」です。

ですから、あなたはあなたの語り部になりましょう。それがブログのみならず人生をおもしろくする秘訣だと私は信じています。


「実績」を語ろう


ここからは実践編に入ってきましょう。まずは「実績」を語ろうという試みです。

洗い出す


「実績を書く」と聞いてどんなものが思い浮かぶでしょうか?多くの人は履歴書のような「2017年 株式会社●●入社」みたいな羅列が並びそうですね。これはこれでとても大事な作業ですが、それだけでは「語ること」にはなりません。第一段階の「洗い出し」のレベルです。

洗い出しとは自分の過去を振り返って、何歳の時に何をしたか、ということを思い返すことです。いつ、どのような段階まで洗い出せばいいかは書くテキストの目的にもよりますが、ここではブログで「価値」を高めることを目的としているので、とりあえず心に残った「社会問題」とそれの対処はなんだったのかをメインに考えてみましょう。もちろんそうでなくてもいいのですが。

そんな大げさでなくてよくて、学生時代の課外授業だろうがちょっと寄付した、位でも全然かまいません。頭に残っている「社会に対して感じたこと」をとにかく並べてみましょう。たとえば、「小学生の時に祖父が介護で大変だった」とか「中学のとき同級生が貧困家庭だった」とか。また、自分がこういう問題に直面した精神的にトラブルがあったとか家族が病気で大変だったとかということでもいいです。年代なども関係なく、思いつくままにノート書いたりやパソコンに打ち込んでみてください。

起業家などの思い出すまでもなく「自分の売りはこれだ」というものがある人でも「売り」にならないところでも細かく書いてみてください。また、事業に関してどんなことをしたかを細かく書いてみるとかでもいいですし、今やっていることにフォーカスを当てるでもかまいません。

ここの段階では「とにかく数を出す」ことが目的なので特に「このときはこんな考えだったな」とかは書き加える必要はありませんが、書けるなら是非メモしておいてください。

つながりや繰り返し出てくることはないか


少し疲れたかな、というくらいで一度中断して、ざっと書き終えたものをみてみましょう。そして、少し「つながりがある」ものだったり「似たような経験が繰り返し出てくるな」というものはありませんでしょうか。もしあるとしたらそれが「あなたの売り」です。

特に「現在の自分の売りはここだ」というものがある人ほど過去の中に今につながる出来事があるはずです。わかりやすいケースですと「不登校の支援をしている」という方の過去に「自身が不登校だった」とか「友達が不登校になって大変そうだなと思った」と関連する出来事がなにかしらあったはずです。そういう何となく「現在と過去」のつながりがあれば関連がわかるように書き加えてみてください。

また、人間は「興味があることには意識にするにせよ無意識にせよ何度も形を変えて遭遇する」ということがよくあります。これは何度も遭遇するから記憶として強化されることもあるのですが、たまたま何度も遭遇することが「ターニングポイント」と言える出来事に変化することがあります。

「ターニングポイント」はどこ?


「ターニングポイント」とは「今の人生を決定した出来事」といえますが、あなたの人生にそういうものは多からず少なからずあるはずです。たとえば、私のブログで結婚資金を集めたい、ということに対するターニングポイントは「結婚式に参加したけど全く楽しくなかった。むしろ悲しかった」という経験です。

せっかく呼ばれた結婚式ですが、どんなスピーチをしているかわからないし、参加者同士の談笑もできない・・・。ただただ時間が過ぎるのを待ちながら飲み過ぎて二日酔い・・・。みたいな。

これを読んでいる方はブログで資金調達してこういうことをしたい、という願いを持っている方が多いと思いますが、その活動をしたい、ということに結びつく「ターニングポイント」が必ずあるはずです。それを発見することが「物語れるところ」を探すために大事なことです。

もし、そういうポイントが見つからないなぁ、というのであれば、現在の活動から逆算して「あれこんな出来事が原点じゃないかな」とか考えていくといいかもしれません。

ちなみに、ターニングポイントといっても「人生を一気に変えた」というものじゃなくても全然かまいません。ちょっと心に残ったな、という軽いものでもいいし、一日のスパンの中で「あれこういうことが今の自分の考えに強く影響しているな」という気づきでも全然かまいません。

ターニングポイントとブログでの活動を結びつける


さて、このターニングポイントが見つかったら、いよいよ具体的に「ブログを絡めて語る段階」に入ってきましょう。語る方法もいろいろですが、一つの手順として以下のような流れが考えられます。

まず、ターニングポイントといえる出来事に遭遇したときの心の動きをメモしてみます。結婚式に呼ばれた、うれしい反面憂鬱・・・などとなんでもいいので当時の気持ちをありありと思い返しつつ書いてみましょう。

次に、その中に「こうしたらよかった。されたかった」ということが見つかりませんでしょうか。そういう「こうしたらよかった」の中に今のあなたの「したいこと」の鍵があることが多いです。

その「そのときしたかったこと」と「今、実現したいこと」が結びつけばそれだけで大きなコンテンツになります。「過去こうだった→いまこうしたい」という話の軸が生まれるからですね。このことで非常に話がシンプルかつ一本軸が入った筋書きになるわけです。この軸に肉付けしていくだけでだいぶ「物語」を作ることは可能になります。

先ほどは「ターニングポイントのタイムスパンは短くていい」と書きましたが、ブログでお金をもらいたい、というレベルですと、ブログでやりたいことと人生での経験があまり結びつかないものは「売り物」としてあまり価値が出にくいのではないでしょうか。

具体的に書いてみる


ここまではかなり抽象的な内容でしたが、具体的に流れを書いていきましょう。ここではVR技術者がいるとして考えてみます。

最初は「仮想体験をする装置が作りたい」から先に進めないと悩んでいるとして、これではほかの方と差別化できない。

そこで、まず洗い出しです。「祖母が旅行に行きたがっていたけど年だからと止められたということがあったな」とか「骨折したとき暇だったな」とか「VRがあればいきたいところにいけるな」とかそういうのがあると思います。

それでこういう思い出を重ねると、「体が動かないと不便だなぁと感じた」と思うことが繰り返し出ているな、と気づくことができます。

特に「骨折で動けなかった」という退屈がターニングポイント的なものだと気づいたとしたら、そのときの心の動きはどうでしょうか。「もし、体が動かなくてもどこにでもいける装置があればいいのに」ということが思い浮かぶ。それがいま技術者である原体験になっていたかもしれませんね。ということを考えていくと、ブログでの説明文はこんな感じではいかがでしょうか

「私がVR技術者を目指したのは小学生の時に骨折して病院のベッドの上で寝ていたとき、どこにもいけずにつまらない思いをして、寝ながらでもリアルに経験できることがあればという経験があったからです。そういう装置を実際に作製したいのですが、予算が足りません。旅行に行きたくてもいけない人を助けるための装置を作るのにお金がかかるため、ブログで資金を稼いでいます。」

「未来」を語ろう


さて、基本的にはこんな感じで書いていけば語ることには困らないと思いますが、続いて「未来をどう作るか」という発展編を考えてみたいと思います。はじめの方で触れた「わくわく感」ですね。そのためには「あなたが支援することで世界はこう変わる」ということを明示する必要があるわけです。

人はいろいろと「やりたいこと」を持っていますが、そのすべてを一人で実行するには進歩しすぎました。ですから仕事は分業されているわけですが 同時に「なにか人の役に立ちたい」というのは基本的な願望として持っているようで、「人を支援したい」というのはすごくわくわくする行為だと私は感じています。

ですから、ブログで価値を高めるには「わくわく感をどう引き出すか」がとても大事です。「私に投資してくれれば世界はこう変わります」と宣言できれば自ずと価値は上がっていくでしょう。

しかし、「それができる」という裏付けも必要なわけでして、そのためには過去のことと現在のことと未来のことのつがうまくかみ合っている必要がありますね。

では、未来を語るためにはどうすればいいでしょうか。これもとにかく頭の中にあることを書けるだけ書いて「お金があれば今すぐできること」「今はできないけどブログを使うことで可能になること」「現段階では夢であること」などの区別をつけるのがいいですね。
これは「今すぐできるからいい」というのでも「夢だから書いちゃだめ」というのでもありません。今の自分の力量と「わくわく感」をバランスよく提示できるか、という話です。このような情報を提供されればあとは投資者の判断ですから。逆に言うとそういうところを提示されてない人に投資するのは危険かもしれませんね。

まとめ


思った以上に長くなったテキストですが、要は「今の自分がこうなってこういう夢を持つのはどういう理由によるものかを考えろ」ということです。しかし、ブログをみているとこのレベルでも書けない人は結構いますので、ちょっと書けるだけで価値が上がる可能性は大いに上がります。

私は現状、ブログからの収入が収入全体の8割に属していますが、それはなにか得意なことがあるとか専門があるとかではなく、単に「たまたま語る力がある」からに過ぎません。

しかし、そういう状態がいいかというとあまりよいとはとらえておらず、せっかく私よりもすごいことをしているのに全然話題にならないからもったいない、と思うことが多々あります。なので、この先は「語る力」を身につけてもらえるような優待を考えていきたいですし、その一歩として当記事を作ってみました。少しでもお役に立てれば幸いです。

では皆さま、よいブログライフを送っていきましょう!