writing_sense1

SEO対策ができた文章は、

文章の依頼主にとっても「集客力」「販売力」「拡散力」に満ちた

いわゆる「お金を稼ぐことができる文章」です。

依頼を受けたウェブライターにとっても、

評価が高まり次への仕事につながる「お金を稼ぐことができる文章」です。

 

では、実際にSEO対策ができた文章とは、どんな文章でしょうか。

また、どのような特徴があるのでしょうか。

 

SEO評価の変遷

グーグルやヤフーは常に同じ条件で検索順位を付けているのではありません。

グーグルやヤフーも、全ての文章を一つ一つチェックすることは不可能ですので、

サイトを評価するシステムを構築し、

そのシステムで一括してサイトの順位付けを行っているのです。

 

システムがどのようなサイトを「良いサイト」と判断するかで、

SEO評価も変わってくるのです。

かつてのシステムでは、例えば「キーワードが多く含まれているサイト」や

「関連する言葉を見出しに含んでいるサイト」が上位に来ましたが、

何度も行われてきたシステムのアップデートにより、

このような「何か」に特化した対策を行うだけでは、

検索上位に表示されないようになってきました。

 

つまり、「キーワードの多用」や「検索されやすい語を意図的に見出しに入れる」

などのある意味「裏技」的な文章では、評価されなくなってきたのです。

 

今、そして今後、どのような文章がサーチエンジンのシステムにおいて

「良い文章」と判断されるでしょうか。

 

SEO対策で「良い」と評価される文章の特徴

ヤフーやグーグルなどのサーチエンジンにとって「良い文章」とは、

「オリジナリティ」があり「分かりやすい」文章のことです。

 

オリジナリティの高い文章

オリジナリティがあるとは、同じキーワードで書かれる文章とは

一線を画す独自性を持った文章と言うことです。

現在のように数えることができないほどサイトがある状況では、

「似たようなサイト」「似たような文章の羅列」が頻繁に見られます。

 

「このサイトでないと得られない情報」や「見る価値のある特別な情報」

が載っているサイトなら、わざわざ訪れる価値があるサイトと言えます。

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンも、

このような「オリジナリティの高い文章」を高く評価するのです。

 

分かりやすい文章

本や雑誌とは異なり、ウェブ上の文章はあまり時間をかけて読まれません。

ですから、パッと見てすぐに内容が分かる文章が好ましいのです。

よくよく時間をかけて読みこまないと真意が分からない文章や、

もともと真意があるのかも不明な分かりにくい文章など、

読解力に優れた人間でも読み解くのに困難を覚えるなら

サーチエンジンのシステムのようなコンピューターには

到底意味が分からないのです。

 

意味が分かりにくい文章なら、いくら「キーワード」を多用しても

そのキーワードに合う文章なのかを判断することができません。

一目見てだれでも言いたいことや強調したいことが分かる文章

SEO対策のできた良い文章なのです。

 

良い文章が持つ「集客力」

パソコンやスマホで、ヤフー検索やグーグル検索を行うと、

1つのページに広告などを除いて10のサイトが表示されます。

つまり最初の1ページで表示されるのは検索上位1~10位まで、

10ページ目には91~100位が表示されるのです。

 

検索上位30位以内を目指す

イギリスの「ネットブースター社」が2014年に実施した調査によりますと、

検索されて1ページ目に表示された場合のサイトクリック率は19.35%、

2ページ目に表示された場合は15.09%、3ページ目に表示された場合は11.45%、

以下だんだんとクリック率が減っていき、

10ページ目に表示されるならわずか2.82%になってしまうのです。

 

最低でもキーワードを検索した人の10人に1人にはサイトを見てほしいなら、

3ページ目以内、つまり検索上位30位以内を目指す必要があるのです。

 

つまりオリジナリティが高く、分かりやすい文章を書くなら

10人に1人は見てくれる「集客力」の高い文章になると言えるのです。

 

評判が評判を呼ぶ

検索上位に表示されると、

検索を行った人は「信頼性の高いサイト」と判断します。

つまり、検索してすぐに表示されたサイトなら、

「皆が見ているサイト」「信用できるサイト」と考えます

つまり、そのサイトで紹介されている店や商品は信用できると考え、

「購入」や「来店」などのアクションへとつながるのです。

 

そのように閲覧数が増えると、さらに検索順位も高まり、

閲覧数や購入・来店などのアクション率も高まるのです。

まさに評判が評判を呼ぶのが、

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンによる順位なのです。

 

経費節約と収益増加

SEO対策に力を入れて文章を作成するならば、

SEO対策に沿った文章を書くための手間や時間

つまり経費が増えることになるかもしれません。

 

ですが、SEO対策を何もしない文章にお金を払うよりも

多少高くなってもSEO対策万全の文章にお金を払う方が、

何倍、何十倍もの効果のある「宣伝」となるのです。

 

商品を売り込む場合に、大規模なサンプリングキャンペーンや

テレビや雑誌広告をたくさんのせるという方法ももちろん良い手段です。

ですが、SEO対策ができた検索上位に表示される文章を書くことも

素晴らしい効果が期待できる「宣伝」なのです。

 

SEO対策ができた文章を書くだけで、

サンプリングキャンペーンやメディアによる広告とは

比較にならない少額の経費で、大きな効果が期待できるのです。

結果としてSEO対策をすることが、お金を稼ぐことにつながるのです。