SEO1

SEO対策」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。
特にウェブで文章を書く関係の仕事や、コンテンツを作る仕事の方にとっては「SEO対策」が最も肝要な部分であると強調されているかもしれません。

SEOとは何を指しているのか、そしてSEO対策することで何が望めるのかを探っていきましょう。

SEOとは


SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語で、直訳すれば、「検索エンジンの最適化」という意味になります。
スマホやパソコンで何かを検索する際に用いるGoogleやYahoo!などの検索エンジンのルールに従うように文章を書いていくことで、その文章が検索上位に表示されることを目指すことを意味します。

 最も見てもらいたい層に文章を見てもらうこと、そしてその文章が目的とする「商品を販売すること」や「店舗に来てもらうこと」、「適切な情報を広めること」を実現するのが「SEO対策」なのです。

SEO対策をする意味とは


ウェブ上には文章があふれています。

個人が仲間と共有する目的で作ったサイトやショッピングサイト、またショッピングサイトに誘導するサイトや、公共機関の広報、企業や団体の情報、サイトを比較するサイト等々あまりにも文章が多すぎて、全ての文章やコンテンツを見ることは一生かかっても無理なのです。

 

SEO対策ができていない文章


ウェブ上にアップする文章を書いている人は、依頼主から「○○に関する文章を書くように」と依頼を受けます。依頼主は、その文章を使って「商品の販売量を増やす」ことや「必要な知識を広める」こと、「来店客を増やす」ことなどを求めます。

 ですが、全くSEO対策ができていない文章をアップするならば、ページの閲覧者がほとんどあるいは全くいないので、商品の売り上げにつながることも、知識の共有につながることも、来店客が増えることもないのです。 つまり、依頼主は無駄な文章を書かせたことになるのです。

依頼主はウェブライターに無駄にお金を払うことになりますし、ウェブライターも効果のない文章を書いてしまったので、次の依頼を受けることは難しいでしょう。

 

SEO対策ができている文章


SEO対策ができている文章なら、グーグルやヤフーなどの検索窓にキーワードを入れるだけで検索上位に表示されます。検索上位に表示されるなら、当然のこととして閲覧者が増えます。
閲覧者が増えるなら、「この商品、良いかも!」と思う人や、「へえ、そうなんだ」と知識として吸収する人、「この店、今度行ってみよう!」と自分の予定に組み込む人も増えます。

このようにグーグルやヤフーを検索する人々に、何らかの行動を促す力となるのが、SEO対策ができた文章なのです。
SEO対策ができた文章なら、依頼主もウェブライターに支払った額以上のお金を稼ぐことができますし、ウェブライターも評判の良い文章を書くライターとして次の仕事の依頼を受けたり、仕事当たり(文字当たり)の単価も高くなったりします。
また、評判を呼んで、他の依頼主からも条件の良い仕事を提示されたりします。

 このようにSEO対策ができている文章を書くことは、依頼主にとってもウェブライターにとってもお金を稼ぐことになるのです。

 

SEO対策の重要性


SEO対策ができている文章は、ウェブ上にアップする文章を依頼する側にとっても、実際に文章を書くウェブライターにとっても大きな価値を持つことはご理解いただけたことと思います。

 では、なぜSEO対策ができている文章を書くことで、商品の購入や来店・知識として吸収などの「人の行動」に影響を与えることができるのでしょうか。

 何かについての情報を得たいと考えている人がグーグルやヤフーなどの一般的なサーチエンジンを使ってキーワードとなる語を入れて検索したとします。検索ボタンを押して表示されたウェブサイトを通常の場合は、上から順に見ていくでしょう。

 また、上から順に見ていかないとしても、初めに表示されたページの中から良さそうなサイトをクリックするでしょう。
検索して表示されるページに並んだサイトでは必要な情報が得られない場合や、もっとこのキーワードについて違うサイトの情報を得たいと思う場合は画面下部の「次へ」をクリックして、他のサイトも見ようとするかもしれません。

 ですが、この「次へ」をクリックして、他のサイトの情報を得るよりもキーワード自体を変えて、他のサイトを探そうとする人も少なくありません。

 グーグルやヤフーなどのサーチエンジンは、「キーワード」に適合するサイトを全て順位付けするのです。順位が100位以下のものは、ほとんど誰からも閲覧されないと言っても良いかもしれません。

なぜなら100位以下のサイトを見る前に、ほとんどの人はキーワードを変えて検索し直してしまうからです。 

キーワードに合う文章、SEO対策ができた文章を書くことで、閲覧者の行動に影響を与えることができるのは、ほとんどの閲覧者が検索上位にあるサイトしか見ないからなのです。