Amazon輸出ビジネスで効率よくお金を稼ぐには、 たくさん売れるように販売努力をすることも必要ですが、 仕入れ値を安くすることも、同じ程度に重要と言えます。 例えば、100円で仕入れた商品を200円で販売して、 70個が売れたと仮定します。 計算を簡単にするために、手数料や送料などを除いて利益を見るならば、 (200‐100)×70=7000 つまり7,000円の利益があったと言えます。 ですが、この商品を50円で仕入れることができるなら、 47個さえ売れれば100円で仕入れて70個が売れるよりも、 大きく稼ぐことができるのです。 販売努力ももちろん大切ですが、 Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐなら、仕入れを安くする努力が大切なのです。

1、ネットで安く仕入れる

Amazon輸出をビジネスで行うなら、 仕入れもAmazonと同様にネットで行う販売者も多いです。 特にアマゾンジャパンで仕入れるなら、 商品番号が世界中のAmazonで共通して利用できますので、 販売するときも、検索するときも、仕入れるときも同じ番号となり便利です。

大手のショッピングサイトを利用する

Amazon以外でも、 日本の大手のネットショッピングサイトを利用することもできます。 Amazonを含め、3大ネットショッピングサイトとも言われる 「楽天市場」と「ヤフーショッピング」も商品数が多く 安く商品を提供する業者も多くありますので、活用価値が高いです。 Amazonとは異なり、楽天市場やヤフーショッピングは、 ポイント制度を採用しています。 上手にポイント制度を利用するならば、 結果的には利益を増やすことにもつながります。 ネットショッピングモールでも、常に同じ価格で売っているわけではありません。 通常の店舗と同じく、セールを行ったり、 タイムセールなどを実施したりしているのです。 Amazonでは各出品者ごとのタイムセールをまとめて検索できる機能や ほぼ毎日開催されるバーゲンセールの情報を得るメール登録により、 欲しい商品をさらに安く購入できる方法がいくつもあります。 商品に限定したセールではなく、 出品店舗全体の商品のセールを行うこともあります。 注目していた商品の価格だけを見るのではなく、 その店舗で販売している他の商品の価格も調べるなら、 Amazon輸出ビジネスで販売できそうな商品が見つかることもあります。 安い商品の周りには安い商品が集まっていることを 常に念頭に置いて、ビジネスを行っていきましょう。 これらの機能を活用し、さらに仕入れ値を下げ、 Amazon輸出ビジネスで効率よくお金を稼いでいきましょう。 もちろん、他のネットショッピングモールでも 層用のタイムサービスや、バーゲンの告知を行っていますので、 積極的に活用しましょう。

業者別のショッピングサイトを利用する

Amazonで輸出販売を行う商品を検索する過程で、 その商品を扱う個人もしくは単独店舗のサイトに行きつくこともあります。 同じ商品を、自社のサイトとアマゾンや楽天などの総合サイトに分けて 販売しているのです。 自社サイトと大手サイトで同じ価格で販売していることもありますが、 少し自社サイトで安く売っている場合もあります。 ポイント分以上にメリットがある場合は、自社サイトから買うのもお勧めです。 また、自社サイトの「お問い合わせ機能」を活用して、 まとまった数量もしくは継続した購入を希望することを伝えることができます。 上手に交渉すれば、さらに安く商品を仕入れることも可能です。

ネットの最安値を把握する

ネット上に出ている同一商品の中から、最安値を検索するサイトがあります。 商品を購入する際に用いる人も多い「価格ドットコム(http://kakaku.com/)」 などを利用するならば、商品の最低価格を容易に把握できます。 また、Amazon内の価格状況を把握するためには、 「キャメル・キャメル・キャメル(http://camelcamelcamel.com)」 などの無料で利用できる価格変動アラートツールを利用できます。 無料で行える利用登録を行い、アラートを欲しいアドレスを入力します。 「キャメル・キャメル・キャメル」のホーム画面の検索窓に、 アラートしてほしいAmazonの商品ページのURLを入力します。 検索開始ボタンを押し、該当の商品が表示されたら、 その商品の相場がいくらになったら通知が欲しいのかの金額を入力し、 「トラッキング開始」をクリックして完了です。 Amazon内でその商品が、指定した金額を下回ると 自動的に登録したアドレスにメールが届きます。 Amazon輸出ビジネスを行う際に、仕入れに活用する人も多い 「ヤフーオークション」からも、指定価格でのアラートを受けることができます。 「ヤフーオークションアラート(http://alert.auctions.yahoo.co.jp)」で、 アラートの欲しい商品と価格帯を設定します。 希望している商品が指定した価格帯に入った場合に、 指定したメールアドレスにアラートが送られます。 1日2度の指定した時間に通知する「まとめて通知」と、 商品が指定価格帯で出品される度に通知が送られる「すぐに通知」から選択できます。 「すぐに通知」を選択すると、商品によっては1日に何十回、何百回と メールが届くことがあります。 レアな商品を探すときは、「すぐに通知」を、 通常の商品を探すときには「まとめて通知」を利用するようにしましょう。 それ以外にも、まとめ買いをする人も多い「楽天市場」の アラート機能を活用することもできます。 「楽天スーパーエージェント(http://event.rakuten.co.jp/campaign/agent/)」 では、だれでも商品の検索を行うことができますが、 価格帯の設定が不可能ですので、 レアな商品や廃番品の入荷のアラートに使用しましょう。

2、実店舗で安く仕入れる

ネットでは商品を販売していないけれども、 実店舗で卸売りなどを行っている商店もあります。 ネットでは誰でも簡単に商品価格を検索できますので、 販売業者によって大きな価格差はあまり出ませんが、 実店舗のみで販売している場合は、 他店舗と比較する機会が少ないですので、 あり得ないほどの安価で販売していることもあるのです。 直接商品を見ることができる確実さと、 商品を販売している人と直接交渉できる安心感で 長くビジネスを継続させるなら実店舗が良いという販売者もいます。 また、実店舗でも卸売り販売を行っている業者に、直接交渉することもできます。 手紙や電話、メールや直接会いに行くことなど、様々な手段を活用し、 誠意を示すことで、取り引きが開始することもあります。 確実な販路開拓と信頼できる仕入れ業者の獲得は、 Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ基本ですので、時間をかけて行いましょう。


Amazon輸出ビジネスではこちらのページも参考に!

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ