お店の名前のつけ方

自分のお店を持つ、

というのはなんとなくワクワクします。

実店舗ではなくとも、

ショップのオーナーであるということが、

Amazon輸入ビジネスにおいてもモチベーションのUPにつながります。

ですから、お店の名前というのは慎重に考えたいものです。

Amazonの出品者情報において、

後からいくらでも編集することはできますが、

名前がコロコロと変わるのは、

決してよいことではありませんし、

なかにはお店の名前を覚えてくれているお客様もいます。

ずっと付き合える名前を考えてください。

 

こういう店舗名はダメ

実店舗を持っていたり、

ネットショップをすでに経営していたりする人で、

Amazon輸入ビジネスにも参入しようと考えている場合、

既存の店舗名に「○○屋 Amazon店」のようにするのが手っ取り早く、

しかもSEO上も効果がありそうですよね。

しかし、

残念ながらこの命名の仕方はNGです。

店舗名にAmazonという言葉を入れてはいけないという規定があるのです。

セラーセントラルで、

ヘルプを選択し、

「アカウント設定| 関連情報|

規約・ガイドライン| Merchants@amazon.co.jp出品者利用規約」へと進むと、

出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項

というページが表示されます。

非常に細かい文字でしかもこうした規約にありがちの文章で書かれているので、

読むだけでも消耗するようなページなのですが、

非常に大事なことが明記されています。

なにより、

本規約の条件を遵守されない場合、

出品掲載の取消、

Amazon.co.jpのツールおよびレポートの使用停止、

または出品者特典の永久停止等の措置を受ける場合があります。

とありますので、

場合によっては出品者アカウントが削除されていまい出品停止となってしまうこともあるわけです。

「これはどうなんだろう?」と疑問に感じたときには、

安易にネット上の知識を求めるのではなく、

まずはこの画面で確認をすることがベストです。

さて、

このなかに「商号の不正使用」という項目があります。

そこに、

出品者の商号の一部に「アマゾン店」、

「@Amazon」、「@アマゾン」等の文言を

使用することはできません。

 

と明記されています。

(詳細は、Amazonセラーセントラルのページで確認してください)

うっかりやってしまっている人もたまに見かけるときがありますが、

「ならぬことはならぬ」です。

やっている人がいるからいいだろう、

ということにはなりません。

お店の名前をつけるときには、

このことにまず注意してくださいね。

また、思い入れがあるあまり、

懲りすぎるのも考えものです。

どう読むのかすらよくわからない横文字の名前や、

逆に漢字ばかりの羅列、

著作権侵害をしかねない紛らわしい名前もNGです。

何を扱っているのかがすぐにわかるような名前にしましょう。